TRPG沼にどっぷりハマった三上です。
四ヶ内から改名して数字が一つ上がりました。


せっかくTRPGに興味を持ったなら、今度はTRPGを体験してみてほしい。
ただしTRPGの最大の問題は、相手がいないとできないゲームということです。

というわけで今回は、「初心者にオススメのTRPGの始め方」をあげてみました。
TRPGやってみたいけどどうやって参加したらいいの?」 という方の参考になれば幸い。



~目次~



TRPGではゲーム開始から終わるまでを「セッション」と呼びます。
今日TRPGしようよ! というのは、「今日CoCのセッションしようよ!」という台詞になるのです。

人数集めてセッションをすることを「卓を囲む」とか言います。
卓っていうのはまさにテーブル的な。
実際にテーブルを囲むだけでなく、スカイプなどのオンラインセッションでも「卓を囲む」と言います。


0.卓に混ざる前に! 参加者のここだけチェック

セッションに参加する前に注意すべきなのが、参加者の初心者と経験者の割合

初心者がいる卓の場合、少なくとも初心者:経験者=1:1の割合に納めた方が良いです。

GM(ゲームマスター/ゲームの進行役)が経験者であることは言うまでもないのですが、
GMは進行役であるが故にプレイヤーの立場で説明しきれないことがあります。

(時間がかかりすぎてしまう、メタ推理のヒントになってしまうなど)

また初心者への解説にはどうしても時間がかかります。

人数が多ければ多いほど説明に時間がとられてしまうため、
セッションを適度な時間に収めるためにも初心者は多すぎない方が良いのです。

(セッションは基本的に2~4時間かかります。それが無料。
 TRPGってなんてコスパの良いゲームなんだ) 




1.オフラインセッションに混ぜてもらう

ではまずオフラインセッションをしてみよう。

オフラインセッションとはそのままの意味で、
実際に誰かの家などで机を囲んでTRPGをすることです。

ルールブックを持ち、印刷したキャラクターシートとペン、サイコロを用意して遊びます。
まさにテーブルトークなRPGスタイルです。


ここが美味しいオフラインセッション

オフラインセッションは他のセッションよりも安心感の高い卓です。

分からないことがあればすぐ隣の人に聞けるし、
何かあっても相手が察してサポートしてくれます。

また、現実でサイコロを転がすのはやっぱり楽しい!
コロンコロンとダイスを振るあの臨場感は、オフラインが一番興奮します。

さらにオフラインであれば、大体の場合参加者の誰かがこういった(↓)ルールブックを持参しています。

みんなだいすきクトゥルフ神話TRPG。

こちらは個人的にオススメのエンドブレイカー!
500円で買えるワンコインファンタジーTRPG。

初心者でもルールブックを実際に手に取れるというのはかなり大きいポイントです。

例えばクトゥルフ神話TRPGの場合、基本ルールブックのお値段はなんと6000円超。
……無条件に購入するのは流石にきつい!

というわけでオフラインセッションの時に同卓した人にルルブを見せてもらい、
「なるほどこういう感じね!」「なるほどこういうタイミングで参照するのね!」と、
ある程度使い方を納得した方が買いやすくなります。気持ちが


ここが厳しいオフラインセッション

美味しく楽しいオフラインセッションですが、最大の問題は開催できる確率が低いこと
人が集まるという最大のハードルがある上に、会場なども検討する必要があります。

また、オフラインセッションは終わったあとの管理が少し大変です。

ファンタジー系のTRPGの多くははレベルアップ制を採用しているため、
キャラを継続=次回以降のセッションでも使用することになります。

となると、アナログの印刷物であるキャラクターシートダイスの保管場所など、
ちょっと気を遣う必要があるのです。

例えば三上の場合、ダイスはあんまり数を持っていないのでこんな感じで管理しています。
DKoxMc2VoAAm-Ci
ポーチを開くと

DKoxMYXUQAEKxUA
ダイスが!
(これは100面ダイスと6面ダイス)

DKoxMjEUEAAbdnb
そして実はダイストレイにもなる優れもの。
↑のポーチはこのシリーズです。おなじみイエサブさんの一番ちっさいやつ。


ポーチじゃなくて良いのでカッコイイトレイが欲しい!という方にはこういうのもオススメ。
(画像クリックで飛びます)
これくらいのサイズの方がセッション中ダイスが吹っ飛ばなくて安全だとも思う。

が……正直このダイスの数でクトゥルフなんてやってらんないので、
卓を一緒にやる子にいつも借りています。
初めての卓ならこれくらいの個数でもいいんじゃないかな。

とはいえ……ダイスにこだわり始めると、マジでじゃらんじゃらんになります。
コンパクトに保存するのも限界があるのがダイスとかいう物体。


キャラクターシートの保管もおんなじようにちょっと気を遣います。
キャラシは頻繁に書き込み・書き直しをするので、
使えば使うほど用紙がくたびれてきます

味が出てきたと言えば聞こえは良いですが、
破れてしまえばデータの取り返しがつかないのはアナログの痛いところかもしれません。

三上の場合はオフラインセッションで使うキャラシートも全部Web上で作って、
スマホでキャラシを見ながら卓をしています。
詳しくは↓で。




2.オンラインセッションに混ぜてもらう

オフがダメならオンで遊べばいいじゃない。

というわけで、オフラインセッションの機会が少ない方は、オンラインセッションで遊んでみてはいかがでしょうか。

オンラインセッションとはネット上でTRPGのセッションをするというそのままの意味。

スカイプやオンラインTRPGをサポートするシステムを利用して、
チャットのように全員が一つのルームにログインして遊ぶのが主流です。

四ヶ内はオンラインセッションからTRPG再燃したタイプで、
ある日友人に「TRPGのオンラインセッションやるんだけど来ない?」と誘ってもらえました。

オンラインセッションに参加したい時は、
サイトなどで初心者可の募集をかけているところや、
オンラインセッションをしている友人に声をかけてみると良いと思います。


ここが美味しいオンラインセッション

オンラインセッションはとにかく集まりやすい!

各々の家から接続すればいいので、
今日の夜突発でセッションしません?」なんてことも可能です。

また、オンラインセッションではキャラクターのイラストやBGMを豪華に使います。

キャラクターを操作するPL(プレイヤー)の姿が見えない分、
なおさらTRPGの雰囲気に集中することもできるでしょう。

最近ではTRPGのオンラインセッションのリプレイ動画も人気です(youtubeとかに上がっています)。

リプレイとはTRPGで遊んだセッションの記録のことです)
 
専用サイトを使えばキャラクターのデータも管理しやすく
セッションの記録も取りやすいというのはオンラインにしかない魅力です。

三上がお世話になっているのが「キャラクター保管所」さま。
CoCに限らず相当幅広いキャラクターシートのテンプレが用意されているので、
想像以上に便利です。
オフセの時もここのデータをスマホで参照しながら遊んでいます。

一時期乗っ取りのデータ消去とかが問題になったので、
キャラシはしっかりパスワード保存しようね!


ここが厳しいオンラインセッション

オンラインセッションはPCなどの環境の設定に手間がかかります

有名なTRPGサポートシステムに「どどんとふ」というものがありますが、
慣れないうちはシステムの使い方に戸惑うかもしれません。

スカイプの不具合等によってもセッションに影響が出ることがあります。
GMのスカイプが突然落ちた! という悲劇もまれによくあります)

Skypeが使えなくなった時の代替手段として「ディスコード」がありますが、
今のところ三上の周辺では、Skypeと相性がいい人はディスコードと相性が悪く、
ディスコードと相性がいい人はSkypeと相性が悪い
という図式が成り立っています。
シーソーか?

また、相手の顔が見えないというのもオンラインセッションならではの悩みどころです。

初めてTRPGに参加する場合、
オンラインセッションだと知らない人が相手になることが多々あります。
人見知りの人だと最初は結構壁が高いかもしれません。

相手の顔が見えないため、
相手のキャラクターのロール(=演技)によっては「え、怒らせた!? なんで!?」と
本気で焦ることも(大抵相手は演技です)。

三上は最初、同じセッションの方の声を聞き分けられずに
結構苦戦した覚えがあります。
こういう壁は人それぞれと思いますが……。




3.TRPGカフェとかに行く

周囲にTRPGをしている友達がいねぇ! 
TRPGをしている友達もいねぇ! 
ていうか友達がいねぇ!! 

という方は、TRPGカフェなんていかがでしょうか。

TRPGやボードゲームを遊べるカフェ・バー・プレイスペースは実はじわじわ増えており、
老舗も結構あったりします。
池袋には人狼専門店もあったり。

ボードゲームカフェと銘打っているところはTRPGもカバーしているところが多いです。
TRPGに必要な一式は当然揃っているため、身一つでTRPGを遊ぶができます。


ここが美味しいTRPGカフェ

TRPGで何より美味しいのが、TRPGに慣れた人が多いこと。

店舗によっては「初心者向けセッションデー」なんてものを設けているお店もあり、
初心者がいること前提で説明しながら簡単な卓を回してくれます。

TRPGカフェは多くのTRPG用の設備を揃えているため、
お店に行くだけでどんなTRPGでも楽しめるというのも
個人ではなかなか再現できない魅力です。


ここが厳しいTRPGカフェ

やっぱりお金がかかります

時間制だったりパック制だったりしますが、
場所によっては高めのカラオケくらいかかることもあるようです。

あとは、近くにお店がない可能性が高い
諦めずに近くのお店を探してみて欲しい! 無かったら諦めて欲しい




最初の一歩が一番壁が高いTRPG

TRPGに限らず言えることですが、何事も最初の一歩が一番難しいです。

初めてのロール、初めてのダイス、初めての推理。

TRPGに興味があるという方はなんらかの形でTRPGを見たことがあると思いますので、
TRPGの参加者側になる前にリプレイ動画をいくつか見ておくと、
感覚が掴めて参加のハードルが低くなると思います。

オンラインセッションは特にリプレイ動画そのままのことをしているので、
事前情報がかなり役立ちます。

TRPGは慣れの必要な遊びです。
スポーツや料理のように、最初は誰もが戸惑いながら経験します。

けれどそのうちサッカーのリフティングが上達するように、少しずつ凝った料理ができるように、
TRPGの腕も上達していきます。

慣れれば慣れるほど楽しい。
慣れれば慣れるほど仲間が増える。そして沼化する

それが現代のTRPGの最大の醍醐味です。