趣味も仕事もライティング、四ヶ内(しがない)と申します。

特に小説を書くのが好きです。
昔はずっとただの趣味としていましたが、
小説を書くアルバイトも始めた最近は、
素人にしてはそこそこ書ける方になったんじゃないかなと思っています。

小さい頃からずーーーーっと小説を書いています。
それこそ挑戦し始めたのは小学生の頃からです。 
 


目次
自分で書いた小説は面白い
自分が書いた小説はすぐ飽きる
読みたいものを自分で書くほど、小説が上手くなる







自分で書いた小説は面白い


自画自賛と捉えられてしまいそうなのですが、
私は基本的に自分で書いた小説は、
創作であれ二次創作であれ読み返したときに面白いと思います。

というのも、
『書き手』の自分は『読み手』の自分とめちゃくちゃ趣味が合うためです。

自分で小説を書いた場合、
好みのキャラも好みの展開も書き手と完全に一致します。
つまり、自分が一番好みのキャラが、
一番最高の展開で活躍してくれる小説を書いてくれるのが自分なのです。

読み返してたびたび、
「よく分かってんじゃんお前……!」みたいな、
他の誰とも共有できない最高な気持ちを抱きます。

これが私が小説を書く理由。



自分が書いた小説はすぐ飽きる


そしてこっちが、私が小説を書き続ける理由です。
自分が書いた小説は、少し読むとすぐ飽きるのです。

だって書き上がった時点ですでに1度読んでいますし。
文体だって死ぬほど見慣れていますし。

どれだけネタが好みでも、
キャラクターが好みでも、
初めて読んだときの感動というのはそんなに強くありません。

なので、『読み手』の私はすぐに
『書き手』の私が書いた小説に飽きます。

そして急かすのです。
「次のマダァ?」と。

自分が一番好みのキャラクターが、
一番好みの展開で活躍する小説。

それを読みたいがために、
私は毎日毎日飽きもせず、小説を書いています。







読みたいものを自分で書くほど、小説が上手くなる


小説の『読み手』『書き手』を全部自分で担っていると、
自然と循環が生まれます。

面白いと思って読む。
飽きて次を要求する。
また書く。読む。飽きる。また書く。

それは気づけば、
いわゆる「練習」「鍛錬」のような体をとっています。
スポーツや音楽に近いかもしれません。

毎日毎日、飽きもせず来る日も来る日も。
書き続けていると、いつの間にか腕が磨かれます。

そうなればしめたものです。
『書き手』の自分が作る作品がどんどん面白くなるのですから。
そして『読み手』もどんどん欲張りになっていきます。

もっと面白く!
もっと魅力的に!
もっと最高なやつを!

そんな風に。


創作界隈では、よく「○○な話を誰か書いてくれ~」という声を聞きます。
でも私は、もったいないぜ! 自分で書きなよ! と思うのです。

決して、「○○な話を書いて欲しい」という声に対する批判ではありません。
人が書いてくれた作品が面白いのはもちろんですし、
いろんな人が書く作品を見ることだって創作の醍醐味だと思います。
私も書いてって言うしね!

けど試したことない人は、一度でいいから試して欲しい。

自分で書いた小説は絶対に面白いから!
そして書けば書くほど、
自分の小説はどんどん面白くなっていくから!


私は自分の書く小説が面白くて、
そして自分の書く小説が面白くなっていくのが面白くて、
いつまでも延々と書き続けてしまうのです。
楽しいって最高だね。