シリアスな描写で噛むの本当にどうにかしたい、四ヶ内(しがない)と申します。
むしろラリってるレベルのギャグはペラペラ口が回るんですけども。

今でこそ数々GMをさせていただいておりますが、
そして未だにGMの難しさにリアルSANを削っておりますが
すべてのことには基本的に始まりがあるもので。

四ヶ内が身内さんに初めてGMとしてシナリオを回させていただいたのは、
今年の1月末だったりします。

今でも初のGMの時の緊張感と謎のヤケクソ感は忘れられませんが、
思っていたよりも落ち着いた気持ちでGMできたなぁと今振り返ると思います。
最近のキーパリングが酷い分さらにひしひしと思いますGMって難しいね

よく考えたら、
初のGMの時はいろいろ前もって準備・練習していたなと思い出しました。

それが結構役に立ったんじゃないの? と思いますので、
忘れないうちにまとめておきます。

これからGM・KPに挑戦する皆さんのエールになりますように。




~目次~







簡単なシナリオを探す


まずこれです。

四ヶ内が初めて回すシナリオを探したのは、
いつもお世話になっているクトゥルフ神話TRPGやろうずWiki様でのこと。

こちらのシナリオ置場で、
  • 「初心者KP向け」タグが付いているもの
  • キーパリング難易度が低いもの
  • クローズドであるもの
を探しました。

偏見かもしれませんが、クローズドは比較的難易度が低く
シティ系は難易度が高くなりやすいと思っています。

というのもシティ系は自由度が高いため、PCが思いがけない動きをすることが多く、
その分アドリブが必要になるためです。
(例えばシティだとPCが思いがけず何処かに電話したりメールしたりがありますが、
 クローズドでは圏外とかそもそもスマホがないとかで片付けられます)

自分が回してもらったことのあるシナリオもありっちゃありですが、
その時のGM・KPさんが思いがけずベテランだったりして
実はすごいシナリオをしれっと回されていることもあるので、
やっぱりKP難易度確認は必要だと思います……。



そのシナリオのリプレイ動画を見る


シナリオを用意したはいいけど、これどうやって描写したらいいんだ……。

という引っかかりをなくすため、
youtubeとかでそのシナリオのリプレイ動画が上がっていないかを探しました。

初心者KP向けシナリオで正直そこまでやる必要ないのではとも思いますが、
緊張すると意外と「あれ、何から口に出せばいいんだ???」となるもの。
また客観的にシナリオを見ておくことで、話の流れなども掴みやすくなります。

これは初GMだけでなく、少し難易度の高いシナリオを回したいという方にもオススメです。
難易度が高いシナリオだと、
自分が回してもらった分だけでは分岐を拾いきれなかったりするので。







チャットパレット・共有メモ・個別チャットを用意する


これはどどんとふでオンラインセッションをする時の話ですが、
四ヶ内はいつもシナリオをする前に、
  • 共有メモや個別チャットで送りたいもの
  • GMが振る予定のダイスロール
は全て準備しています。

できる限りシナリオ中はキーボードに触りたくない! という思いによるものです。

特にキーボードで打ち込んでいる時間があると、
その間にPCさんの話が進んでしまい、GMがあたふたしてしまうことがあるので……。

四ヶ内が公開しているシナリオも、
できるだけそのまま個別チャットや共有メモにコピペできそうな体裁を意識しています。



ソラでシナリオの流れを思い起こせるようにしておく


あとは暇さえあれば頭のなかでシナリオを思い返し、
シナリオをとりあえずソラで話せるくらいまで脳みそに入れておきます

意外とここが重要だったりして、頭の中で大まかに起承転結を押さえられていないと、
とっさのアドリブに応えられないことがあります。

また四ヶ内は割とGMとしては優しい(多分)方なので、
探索してくれたら情報を出してあげたくなります。
シナリオがきちんと落とし込めていれば、
アドリブでも邪魔すぎない情報を出せる……んじゃないかな……と思っています。

頭の中にシナリオの背景まですっぽり入っていると、
とっさのアドリブに応えられることが増えるので、やっぱりオススメです。



あとはPLを信じてヤケになろう!


ここまで準備したら、あとはシナリオで何が起きても諦めましょう!
というか、ここまで準備しても何かが起きるのがTRPGの醍醐味です!

ここまで準備して何かが起きたら、もう開き直り、
そうだ俺がGMだ」という強い心で立ち向かいます。
そしてPLさんを信じ、シナリオが無事に転がるよう、
表情には出さずにあたふたしましょう。

PLさんは敵ではないし、GMもPLの敵ではありません。
お互い良いエンドを目指して、協力できるところは協力し、
焦らすところは焦らし、巧みにPL・PCを誘導しましょう。

冗談抜きで、GMができるようになればTRPGが10倍面白くなるぜ。

あなた様の素敵なTRPGライフの一助になりますように