CoC向けオリジナルシナリオ
「人殺しの家」

謎解きとロストのハラハラを同時に楽しみたい方向け。
やってみないとGMにもロストポイントが分からないギミックがあります。

探索者は警察または探偵です。
運要素強め。

シナリオ内容とシナリオ製作の背景などです。
楽しんでいただけましたら幸いです。
出てくる画像はこのシナリオを回す時にご自由にお使いください。

2017-09-15 続編ができました。
 →「被害者の庭

2018/04/20 3作目ができました。
  「容疑者の塔

2018/04/22 夏に全4作をまとめたシナリオ本が出ます。
  詳細はこちら




~目次~








シナリオ情報


想定人数   :2~4人
推奨技能   :目星、聞き耳、応急手当or医学
目安時間   :4~5時間(ボイセ)
あるとラッキー:鍵開け
傾向     :戦闘なし、クローズド、ロスト率やや高め

探索者たちは警察or探偵orそれに準ずる職業の人間です。

◆舞台
現代日本・T都。共通語は日本語。
様々な民族が入り交じる多国籍文化都市であり、和洋折衷の人々が交錯している。
都市の中にアジア系やヨーロッパ系などが住む区画がなんとなく分かれており、マフィアやヤクザによって統治されている地区も。
職場の人間の名前の国籍が統一されていないのも、T都の人間にとっては普通のこと。

このシナリオでは外国人探索者を使用してよい
 探索者は技能を振っていなくても、口頭でのコミュニケーションには問題ない程度に日本語が使えるものとする。
 (母国語は外国語となる)

たまにはきちんとロストを意識したシナリオを作ってみようと思いました。
このシナリオでのロストは肉体ロストに当たります。

~このシナリオの読み方~
「※」→KP情報、シナリオ背景など。
「SANc」→SAN値チェック。成功/失敗という風に値を書いています。
「---」→ここで挟まれた部分はそのまま共有メモとかに貼れるように書いたつもりです。



背景


テッド・ウィンチェスターは『完璧な娘』を作り出すことに固執していた。
そのために美しい少女たちを誘拐しては『素材』の回収と『加工』を繰り返し、完璧な容姿の人形=「完璧な娘」を作ろうとしていた。
彼はミ=ゴと取引して彼らの技術を取り入れ、より精巧な『人形』造りに着手する。

さらにはミ=ゴのテクノロジーによって、自身の屋敷を自発的に人を殺す『人殺しの家』に仕立て上げた。

最終的にテッドは完璧な人形の外殻を生み出し、最後に美しい眼球を与えれば完成すると確信。
自分の眼球を与えることで完成する人形を誰かに見せつけるために、探索者たちを家に招いた。



~探索の流れ~


屋敷に侵入
 ↓
1F探索
・2Fへの隠し通路を見つける。
 ↓
2F探索
・1Fへの隠し通路を見つける。
 ↓
地下探索

◆屋敷からの脱出方法
・2Fの鍵付き窓から脱出 → NOMAL
・地下に辿り着き、少女人形にテッドの碧眼を与える → TRUE
・地下に辿り着き、少女人形に青い宝石で作った眼球を与える → BEST(SAN最大回復ルート)



導入・探索者たちの事前情報


探索を開始する前に、以下の情報を探索者たちに与える。
屋敷の見取り図はない。

・少女連続誘拐・殺人事件について
約1年で11名の少女が失踪した事件。最初は誘拐でなく行方不明として扱われていた。
数週間前に行方不明の少女たちの約半数が遺体として発見され、それが明らかに他殺だったのをきっかけに、誘拐・殺人事件として扱われ始めた。
殺害方法や使用された凶器が共通しており、被害者にも共通点が多いことから、全ての誘拐・殺人は同一の犯人による犯行として捜査されている。
現在5名の少女が遺体で発見されており、残り6名は未だ行方不明のままである。
最後に行方不明(=誘拐と推測)が起きたのは1ヶ月前。

 - 被害者の共通点 … 全員非常に見目の整った少女。10歳未満。

【被害者と行方不明者のリスト】
被害者 5名(亡くなった少女たち)
 - キャロライン・エイベル
 - ジャスミン・アレン
 - ディアナ・アンダーソン
 - クリスティーナ・バーンズ
 - ミシェル・エイリー

行方不明者 6名(カッコ内は失踪時期)
 - キャサリン・パーカー(6ヵ月前)
 - シンディー・ウィキンズ(5ヵ月前)
 - ダイアン・ホワイト(4ヵ月前)
 - アイリーン・テイラー(3ヵ月前)
 - フレデリカ・トムソン(2ヵ月前)
 - メアリー・ブライス(1ヵ月前)

 ※以下の情報は警察PCにのみ与える。
 - 殺害方法 … 刃物による失血死。全身に鋭利な刃物で切り刻まれた跡があり、その出血で死亡したと推定されている。
遺体に抵抗した形跡や拘束跡がないため、麻酔または睡眠薬を使用されていたものと思われる。
刃物の跡は医療用メスが最も近く、肉体の構造を熟知した者による犯行と想定。
中には指や腕、足を切断されていた遺体もある。パーツが不足していた遺体は今のところない。

・テッド・ウィンチェスターについて
38歳男性、児童カウンセラー。
地域奉仕やボランティアにも精力的で、周囲からは金髪碧眼のハンサムで頭脳明晰な男性という評価。
少女連続誘拐事件との関連性は全く見出されていなかったが、一番最後に行方不明になった少女とテッドが連れ添って歩いていたという目撃情報があがり、その後芋づる式に容疑が洗い出された。
1ヶ月前から行方が分からなくなっている。

 ※以下の情報は探偵PCにのみ与える。
 - 関係者への聞き込み … テッドは少女を偏愛する傾向にあり、特に見目の良い少女たちを贔屓していた。
また完璧主義的な面があり、「君は髪は良いけれど、顔はまったく美しくない」など、目を付けた少女に対して極端な発言を行っていた。
ある時期から、「完璧な娘」というキーワードを執拗に口にすることが増えた。







導入・探索者たちの出会い


十人以上の少女誘拐と殺人の容疑をかけられている、『テッド・ウィンチェスター』の住処と思しき屋敷が判明した。
もしこれが本当にテッドの屋敷であった場合、大掛かりな調査に乗り出せばテッドが逃走してしまう可能性がある。
警察または探偵である探索者たちは、各々の上層部から、少人数でテッドの屋敷に侵入して調査せよとの指示を受けた。
さらに探索者たちは、合同で調査に当たる協力者(他の探索者)の存在も知らされる。

探索者たちは調査当日、テッドの屋敷の前で落ち合う。

◆屋敷の前
非常に立派な門構えの正門の向こうに、屋敷(洋館)が見える。
屋敷はぐるりと一周非常に高い塀で囲まれており、探索者たちは門からしか中を伺うことはできない。
屋敷は人の気配はなくしんと静まり返っている。
やや治安の悪い地域であるためか、人通りも全くない。
門のある通りにいるのは探索者達だけである。

探索者たちは屋敷の前で自己紹介なりなんなりした後、調査のために屋敷へと侵入する。



導入・屋敷への侵入


◆正門以外に入れそうなルートを探す
※この屋敷には正門からしか入れません。

・裏口
 →開かない。
  目星成功で、実は扉の形をしたただのオブジェであることが分かる(扉としての機能はない)。

・塀を越えようとする
 →塀の高さは2.5メートルほど。突起物などは一切ない。
  跳躍などで塀の上まで辿り着けるが、塀の上部に接触すると電流が流れるトラップ。
  HPを1減らした後、DEX*5で受け身をとるかCON*5に成功しなければ、さらに1d2の落下ダメージ。

◆正門から入る
門には鍵はかかっておらず、入ることが可能。

・監視カメラや防犯システムなどがないか
 →目星など技能成功で、一切警備的な措置は取られていないことが分かる。

門をくぐると玄関へ続く一本道になっている。
道の左右は庭に挟まれており、右手は芝もなくむき出しの地面のみ、左手の奥にはプールが見える。

探索者たちが玄関に辿り着くと、玄関に鍵はかかっておらず、普通に入ることができる。

探索者たちが屋敷に全員入ると、ひとりでに玄関の扉が閉まる。
バタン、と暴力的な音を立てて閉じられた扉には、真っ赤な字で以下のように書き付けてあった。

---
やつらに気をつけて
---

※やつら=この家に仕掛けられた意思を持つトラップたち。

・赤い文字に目星など
 →非常に新鮮な血液で書かれた文字と分かる。SANc0/1。

扉は開かず、鍵穴もない。

・執拗に調べる、破壊を試みる
 →聞き耳成功で、頭上で「カチッ」と音がしたことに気づく。
  次の瞬間、天井から先端の尖った鉄の柵が落ちてくる。
  聞き耳成功した探索者はDEX*7、失敗はDEX*5で回避可能。
  当たった場合1d3のダメージ。

  落ちてきた鉄の柵は玄関扉を塞ぎ、扉に触れることも叶わなくなる。
  鉄の柵に以下のようなメモが貼り付けてある。
---
気をつけてって言ったじゃない
---

屋敷内ではスマホなどは全て圏外となっており、電波系の機器は一切使用できない。







~1Fの探索の流れ~


1F
★2Fに上がる方法
・談話室の兎のぬいぐるみと、食堂の少女人形の首を交換する。
 ↓
・兎のぬいぐるみの背中のチャックを開け、中から鍵を取り出す。
 ↓
・談話室の暖炉にある鍵を兎のぬいぐるみから出てきた鍵で解錠する。

◆1Fの窓
全てはめ込みタイプで、鍵はついていない。

・窓ガラスを割る
 →窓に傾斜がついており、砕いたガラスが割った探索者に降り注ぐ。HP-1d2。
  砕けた窓ガラスの向こうにはさらに窓があり、何をしても絶対に割れない。
  (厚さ約30cmのアクリルの窓です)



1F①・食堂


マップ画像の①に該当。

①に至るドアは、木製のシンプルな扉。鍵穴はない。

・食堂の扉に目星or聞き耳
 →特に目ぼしい情報はない。人の気配もない。

入ると以下のような感じ。
---
【食堂】
10人は座れるであろうダイニングテーブルと椅子がある広々とした空間。
シャンデリア型の電灯によって明るく照らされている。
ある壁にドールの並べられた棚があり、別の壁に簡素な扉がある。
---

◆ダイニングテーブル
普通の家庭的なテーブル。
椅子が7脚置かれている。

・目星
 →椅子は1つを除いて少し高く、子供が座るのにちょうど良さそう。

・ダイニングテーブルの下・裏を見る
 →テーブルの裏一面に真っ赤な文字で以下の言葉が書かれている。

---
何もかも知ろうとするのが 良いこととは限らないわ
---

・赤い文字に目星など
 →非常に新鮮な血液で書かれた文字と分かる。SANc0/1。


◆シャンデリア型の電灯
テーブルの真上、高い位置にあるため、SIZ14以上の探索者がテーブルの上に椅子を乗せて立たなければ届かない。

・目星
 →シャンデリアのパーツひとつひとつが刃物のように鋭利。
  飾りの隙間に金属片のようなものが挟まっている。
  金属片を素手で取ろうとした場合、DEX*5に成功しなければ飾りで腕を傷つけてHP-1。

・金属片
 →1センチ×5センチ程度の長方形。少し錆びている。片方の端が不思議な形に凹んでいる。
  知識orアイデアor鍵開け成功で、特殊な形式の窓の鍵だと分かる。

 ※【2Fの鍵付き窓の鍵】。これで窓を開ければ脱出できる。


◆ドールの並べられた棚
可愛らしい少女の人形が並べられている。
(棚はぬいぐるみのディスプレイ用のもので、棚そのものに情報はありません)

・目星
 →1体だけ、他の人形に隠れるように配置されているものを見つける。

隠されていたのは兎の頭の人形。
ただし首から下はワンピースを着た少女のパーツで、明らかにちぐはぐな見た目をしている。

人形は片手で持てる大きさ、持ち運び可能。


◆簡素な扉
「キッチン」とプレートがかけてある。

・目星
 →チャイルドロックがついている。
  (鍵がかかってはいないので開閉可能)

・聞き耳
 →何も聞こえない。







1F②・キッチン


マップ画像の②に該当。

屋敷のサイズにしては小さな、家庭的広さのキッチン。
冷蔵庫やオーブン、コンロなど、基本的な設備が揃っているように見える。

---
【キッチン】
隅々まで神経質なほど清潔にされたキッチン。
家庭用サイズの冷蔵庫とオーブン、コンロ。シンクの下に調理棚があり、上の方にも戸棚がある。
---

◆冷蔵庫
家庭用サイズ。開けてみると中身は空っぽ。

・目星、アイデア
 →使用形跡はあるが、ピカピカに磨き上げられている。

※テッドは腐らないよう計算して食品を購入していたため、
 屋敷の全員が死んでいる今、食材類は何も残っていません。


◆オーブン
家庭用サイズ。開けてみるとキレイ。

・目星
 →使用形跡はある。しかしとてもキレイに掃除されている。


◆コンロorシンク
家庭用サイズ。とってもキレイ。

・目星
 →頻繁に使用していた形跡がある。とてもとてもキレイに掃除されている。


◆シンクの下の調理棚
開けてみると空っぽ。食器があるだろう位置にも何もない。


◆上の方の戸棚
大人でないと届かなさそうな高さ。
開けてみると、調理器具や食器がキレイに並べて収められている。

※子どもたちが怪我をしないよう、危険なものは全て高いところにしまってあります。

・目星
 →隅の方に小さく薄いメモ帳が隠されているのを見つける。

内容は思いついたものをその場で記したような、あまり規則性のないメモ。
暗号も使用されており、読むのは容易ではない。
唯一普通の文字で以下のような内容が書かれているのを見つける。

---
この家を無効化したい場合は、マスターキーを使用する必要がある。
マスターキーで玄関扉を開けることをトリガーに、この家のトラップは全て無効化される。
---

※宣言があれば、適切な技能で暗号を解読できます(全部把握するには1d3*10分ほどかかります)。
 内容は少女たちの観察日記。褒め千切ったり罵詈雑言の限りを尽くしたりと、躁鬱の激しい内容です。



1F③・バス・トイレ


マップ画像の③に該当。

扉に「バス・トイレ」とプレートがかかっている。

・目星、聞き耳
 →特になにもない。

中に入ると、ユニットバス形式。
大きな洗面台が備え付けてあり、洗面台の下には戸棚がある。

---
【バス・トイレ】
ユニットバス形式。パッと見で隅々まで磨き上げられているのが分かる。
鏡のある大きな洗面台が備え付けてあり、洗面台の下には戸棚がある。
---

シャワーからは普通にお湯が出ます。
トイレも普通のトイレです。

◆洗面台の下の戸棚
開けると子供用のブランドのシャンプーやリンスが詰まっている。


◆空間内・洗面台に目星
 →洗面台の上部にスペースがあり、その上に箱が置かれていることに気づく。
  (とる時に手を伸ばす描写などをいれ、大人でなければ届かない高さであることをほのめかす)

箱の中には洗浄液などのボトルが入っている。
知識成功で、血痕を洗い流すのに役立つたぐいのものであると分かる。







1F④・談話室


マップ画像の④に該当。


扉に『談話室』とプレートが下がっている。

・扉に目星、聞き耳
 →特になし。

中に入ると、ソファに本棚、暖炉のあるどこか温もりを感じる部屋。
---
【談話室】MAP★
赤い絨毯の広くゆったりとした部屋。
ソファ、本棚、とある壁に暖炉。
本棚の上には数々のぬいぐるみが並べられている。
---


◆本棚
腰くらいの高さ。ざっと見たところ、絵本や児童書が多い。

・目星or図書館
 →とある絵本だけ2冊ダブっていることに気がつく。
  片方は新版らしく綺麗な絵本で、もう片方は同じ装丁だが古くてボロボロ。

・新しい方の絵本
開くと中は↓のような内容。
---
『愚か者の羊飼い』
退屈な羊飼い 嘘を思いつく

「狼が出た!」 1度めは母さんに叱られた
「狼が出た!」 2度めは父さんに叱られた
「狼が出た!」 3度めは村の皆に叱られた

ある日本当に狼が出た
「狼が出た!」 もう誰も助けてくれない
愚か者の羊飼い 4度めで狼に食べられた
---

・古い方の絵本
古いが内容は同じ。
一番最後まで捲ると、最後のページいっぱいに真っ赤な字で以下の言葉が書かれている。
---
やつらはこの屋敷で あなたの賢さを見極めてる
もしあなたのことを 愚か者と見切りをつけたら
その場であなたを捨てちゃうつもり
---

※2Fで4回トラップに掛かった場合ボッシュートされることの暗示。
 ペナルティの回数は参加人数や難易度に合わせて調整可です。


◆ソファ
真っ赤なソファ。非常に座り心地が良さそう。

・目星
 →特になにもない。


◆本棚の上のぬいぐるみ
少女人形からテディベアなど、様々な人形・ぬいぐるみが並べられている。

・目星
 →頭は微笑む少女、首から下は兎のぬいぐるみというちぐはぐな人形を見つける。

【少女の首の兎のぬいぐるみ】
手にとって詳しく見ると、ぬいぐるみの背中にチャックが付いていることが分かる。
しかしチャックを下げるツマミの部品がなく、開けることはできない状態。

・ぬいぐるみを破ろうとする
 →ぐりん、と人形の首が回転して振り向き、ぎょろりと探索者を睨む。
  人形の頭は笑みの形の口を大きく開き、がぶりと探索者の手に噛み付いた。
  手に走る激痛。SANc0/1の後に幸運ロールを行う。

噛み付いた後、ぬいぐるみは普通に外すことが可能。
外すと分かるが、人形の口内はトラバサミのような状態になっている。

このトラップにかかった探索者は、手を使う技能にマイナス補正がかかる。
SANc時の幸運ロールに成功で-10、失敗で-20の補正。
この補正値は応急手当or医学成功で1d3回復させることが可能。

このトラップはぬいぐるみを破ろうとするたびに発動する。
同じ探索者が2度トラップにかかった場合は、さらに幸運ロールをさせてマイナス補正を重ねがけする。

★ぬいぐるみと食堂の人形の首を交換する
 →食堂の人形の首をよく観察すると、髪に隠れて右向きの矢印が刻まれている。
  矢印の通りにひねると、人形の首がネジのように外れる。
  談話室のぬいぐるみも、同じように首をひねることで外すことが可能。


・【談話室のぬいぐるみの体(兎)】に【食堂の人形の首(兎)】をはめ込む→兎のぬいぐるみ
はめるとカチリと音がする。
その状態でぬいぐるみの背中を見ると、首の部分にチャックのツマミが現れている。
チャックを下げると、中から鍵が出て来る。

【兎のぬいぐるみの鍵】
 複雑な構造をしており、車のキーの形状に近い。
 『2F』と刻まれたタグが付いている。


・【食堂の人形の体(少女)】に【談話室の人形の首(少女)】をはめ込む→少女人形
はめるとカチリと音がする。
自動的にカパッと少女人形の口が開き、中から鍵が出て来る。

【少女人形の鍵】
 シンプルなおもちゃっぽい鍵。
 ピンクのリボンが付いている。

 ※2Fでメアリーの宝箱を開ける鍵。青い宝石を手に入れるのに必要。


◆暖炉
レンガ造り。炭や火かき棒が近くに置かれており、日常的に使用されている様子。

・目星
 →暖炉の下部に1箇所だけ、外せそうなレンガパーツを見つける。
  そのレンガは蓋のようにパカッと開き、中には鍵穴が1つ。自動車のキーを差し込む鍵穴に近い。
  「close」「open」とダイヤルのように目盛りが刻まれており、今は「close」の方に鍵穴が傾いている。
談話室の鍵穴

・鍵穴に鍵開け
 →扉を開けるものではなく、エンジンなど機械を動かすタイプの鍵であると分かる。
  特殊な電気信号が必要であり、手持ちのツールでは開錠できない。

【兎のぬいぐるみの鍵】を差し込むことが可能。
鍵を差し込み、「open」に傾けると、ゴゴゴゴ……と暖炉が横にスライドする。
暖炉がスライドした場所には上に続く階段が隠されていた。

「open」の状態で鍵を抜くことはできない。
もう一度「close」に鍵を捻ると、ゴゴゴ……と暖炉が元の位置に戻り、鍵を抜けるようになる。

======以下は2F探索後の情報======

暖炉の鍵を、
・「close」にする(2Fへの通路が閉じる)
 ↓
・時計回りで「open」にする(何も起こらない)
 ↓
・さらに時計回りで「close」にする
と、ゴゴゴ……と暖炉が反対方向にスライドし、地下へ下る階段が現れる。



2F・少女人形のいる廊下


暖炉から抜けた階段を登ると、長い廊下に出る。
そして少し広い空間にたどり着いた探索者たちは、窓の前に座らされたそれを見るだろう。

背もたれのある椅子に座らされているのは、可愛らしいワンピースを着せられた等身大の少女の人形。
しかしその人形には……首から上がない。
首のない少女人形は、窓辺で綺麗に手を重ね、あなた達を待つかのように静かに座っていたのだ。
→等身大の人形に、どこか底冷えするような恐怖。SANc0/1。

◆少女人形
人形にはふさわしくないホクロから首の切断面まで非常にリアル。
『welcome』というプレートを手に持たされている。

 ※テッドが探索者たちに向けて書いた手書きのプレートです。

・目星
 →詳しく見ることで、理解できてしまう。
  蝋人形のような固い感触のこの人形は、本物の人間を加工して作られたものであると。
  SANc1/1d3。

・少女人形に医学
 →骨格や身体的特徴から、行方不明者の一人『メアリー・ブライス』の遺体を使った人形であると分かる。

2F
探索者たちが立つ場所から左右に廊下が伸びており、右の廊下にはドアが2つ、左の廊下にはドアが4つ並んでいる。
それぞれの扉にはそれぞれ名前らしき英語のプレートがかかっているのが見える。


◆2Fの中央・右廊下の窓
はめこみ窓(1Fで見たものと同様)。


◆2階の左廊下の窓
鍵が付いている窓。(見てきた中で唯一鍵付きの窓であると気づかせても良い)

・鍵開け技能を使用
 →ビシッ、と窓ガラスに亀裂が走る。技能に成功なら割れずに最後まで解錠できる可能。
  鍵開けに失敗した場合、割れた窓ガラスが降り注いでHP-1d2。
  開いたor割れた窓の向こうは屋外であり、下にはプールが見える。飛び込めそう。

・窓ガラスを割る
 →窓に傾斜がついており、砕いたガラスが割った探索者に降り注ぐ。HP-1d2。
  割れた窓の向こうは屋外であり、下にはプールが見える。飛び込めそう。

・1F食堂で発見した【2Fの鍵付き窓の鍵】を使用。
 →開けられる。窓の向こうは屋外であり、下にはプールが見える。飛び込めそう。

※探索者が脱出を希望した場合、先に目星を振らせる。成功で窓の外の壁には突起物などなく、ここから出たら屋敷の中には戻ってこれないだろうことを伝える。
 負傷者だけが脱出することも可能。

★窓から脱出した場合 → NOMALエンド







~2F子供部屋トラップのギミック~


・各子供部屋の内装は全て同じ。
・それぞれの部屋に入る前に、【どの家具】に【どんな条件】で【どんなトラップが発動するか】をシークレットダイスで決める。
・トラップの対象となる家具がその部屋で情報取得ポイントだった場合、ダイスを振り直すか、トラップを発動した後に情報を与える。
・トラップを発動させた回数を、それぞれの探索者ごとにペナルティとしてカウントしておく。4回トラップを発動させた場合、ボッシュートルート。

※↑の情報はPLに開示しても良いですし、秘匿のままでもOKです。
 何も言わずにペナルティ回数のみ見える形で加算していくのも楽しいと思います。


子供部屋の内装
---
【子供部屋?】
可愛らしいベッドに、勉強机と椅子。
部屋の片隅にはおもちゃ箱と小さな本棚がある。
---

↓以上の情報をベースに、情報が出るポイントには情報を仕込む。

◆ベッド
子供サイズのベッド。ふかふかで寝心地よさそう。

◆勉強机と椅子
子供サイズの机と椅子のセット。
引き出しが1つある。
 →引き出しを開けると、ノートやペンなど勉強道具が入っている。

◆おもちゃ箱
カラフルな見た目の蓋付きの箱。軽そう。
 →開けると少女人形やぬいぐるみ、おままごとセットなど。女の子向けのおもちゃが詰まっている。

◆本棚
一段しかない小さい本棚。絵本が並んでいる。


~トラップ決めダイス表~

【どの家具?】1d4
1:ベッド
2:勉強机
3:おもちゃ箱
4:本棚

【どんな条件?】1d5
1:対象の家具に触れる
2:対象の家具に技能を振る
3:対象の家具に技能を振って成功する
4:対象の家具に技能を振って失敗する
5:対象の家具を何も調べない(部屋を出ようとした時に発動)

※5でトラップが発動した場合、その部屋を探索した全員にペナルティを1加算。

【どんなトラップ?】1d5
1:【ナイフ】
 トラップを発動させた探索者に向かって、壁から突如ナイフが飛んでくる。1d3のダメージ。
2:【落とし穴】
 トラップを発動させた探索者の足元の床が抜ける。近くに他の探索者がいた場合巻き込んで落下。1メートルほどの落差だが、底に突起物が並んでいる。
 DEX*5成功で1d2、失敗で1d4のダメージ。ダメージを受けた後は脱出可能。
3:【毒ダーツ】
 トラップを発動させた探索者に向かって、壁から突如ダーツの矢が飛んでくる。神経毒の仕込まれた矢。
 HPを1d3減らした後、毒(能動13)とCON対抗を行い、成功で-10、失敗で-20の補正を手足を使う技能に与える。この値は応急手当・医学・薬学で1d3だけ回復可能。
4:【異臭】
 部屋に突然異臭が満ちる。部屋にいた探索者全員1d3ダメージを減らした後、毒(能動13)とのCON対抗を行う。
 成功で-1d10、失敗で-2d10の補正を、五感を使う技能に与える(聞き耳、目星、その他細かい技術系作業など)。この値は応急手当・医学・薬学で1d3だけ回復可能。
5:【炎上】
 対象の家具が突然燃え上がる。一番近くにいた探索者は1d6ダメージを受けた後、幸運ロール。
 幸運失敗で炎が燃え広がり、さらに1d6ダメージを受ける。このダメージは幸運または応急手当に成功するまで続く。炎が消えた後にSANc0/1。
 炎は探索者が幸運に失敗するごとに他の家具へ1つずつ燃え移り、探索不能箇所が増えていく。廊下や隣室まで燃え広がることはない。

※これらのトラップを回避可能かどうかは、探索者のロールによってキーパリングしてあげてください。
 (非常に慎重で気を張っていた、完全に油断していた状態だったなど)


◆2Fで意識を失う・ペナルティが4に達する
 該当する探索者のみ、クスクス、と子供の笑い声が聞こえた――気がする。
「あなたは愚か者。愚か者はポイしなくちゃ」
 その声が聞こえた瞬間、探索者の足元の床が抜ける。それと同時に抜けた穴から無数の手が伸び、落下する探索者をさらに引きずり落とそうと掴んだのが見えるだろう。
 回避不可能の落とし穴。探索者が落ちた後、床は何事もなかったかのように閉じてしまう。
 一連の光景を目撃した探索者はSANC1/1d3。
 落下した探索者は他の探索者が地下に到着するまで行動できない。



~2Fの探索の流れ~


・シンディーの部屋で裁縫セットを見つける
 ↓
・フレデリカの部屋で『猫のぬいぐるみ』の情報を得る
(・ダイアンの部屋でメアリーがぬいぐるみの中に物を隠す癖があるという情報を得る)
 ↓
・メアリーの部屋の宝箱で猫のぬいぐるみを見つけ、裁縫セットで解体する
 ↓
・地下に行くヒントのメモ用紙を見つける。







2F・各子供部屋(メアリー除く)


※メアリーの部屋のみ情報が多いため項目を分けました。

◆…各部屋の名前


◆『Catherine』 - キャサリン
・勉強机の引き出し
 →勉強ノートとペン、日記が入っている。
  中を見るとぐちゃぐちゃにちぎられており、最新らしきページだけが残っている。

---
【キャサリンの日記】
フレデリカがキャシーのぬいぐるみとった。
あれテッドがくれたやつなのに。
フレデリカなんて大っ嫌い。
フレデリカなんか早く

(ここから先は千切れている)
---


◆『Cindy』 - シンディー
・おもちゃ箱
 →少女人形やぬいぐるみ、おままごとセット、子供向けの裁縫セットらしきボックスが入っている。

・裁縫セット
針や先の丸いハサミ、糸など基本的なものが入っている。女の子らしい可愛い色合い。
 →目星でハサミの持ち手に『Mary』と書かれているのを見つける。
  また、小さなメモが入っているのも見つける。
  メモにはぬいぐるみの解体の仕方がメモしてあり、メモを見ながら裁縫セットの中の道具を使えば、DEX*5成功でぬいぐるみを必要以上に傷つけず解体できる。


◆『Diane』 - ダイアン
・勉強机の引き出し
 →勉強ノートとペン、日記が入っている。
  最新のページに以下のように書かれている。

---
【ダイアンの日記】
メアリーがシンディーのお人形さんを直してあげてた。
メアリーはお人形のお医者さんみたい。とっても上手に直してた。
メアリーはお裁縫が大好き。
大事なものをお人形さんの中に隠すイタズラをして、テッドに怒られたりもしているみたい。
一番大事なものは、一番大事なお人形さんに隠すのがコツなんだって。
---

・本棚
 →絵本の中に『ゆめのまほう』というタイトルの1冊がある。

---
【ゆめのまほう】
枕の下にものを敷いて眠ると、その夢が見られるよ!
好きな本や宝物を敷くと、いい夢が見られるかもね
---
→本に目星などで、一番後ろに「Eileen」と手書きで書かれているのが分かる。

※アイリーンが貸した本です。ダイアンの部屋の枕の下には何もありません。


◆『Eileen』 - アイリーン
・勉強机の引き出し
 →勉強ノートとペンの上にメモが1枚乗っている。

【アイリーンのメモ】
ダイアンに貸した本を返してもらう
返してもらったらまた試すこと

・ベッド
 →枕の下に手のひらサイズの宝箱があり、おもちゃの鍵がかかっている。
  鍵開けまたは【少女人形の鍵】(ピンクのリボンの鍵)で開けられる。
  中には2つのとても綺麗な青い宝石が入っている。大きさはピンポン玉より一回り小さいほど。

※BESTエンドに必要な宝石です。(地下に行くには特に関係ありません)


◆『Frederica』 - フレデリカ
・勉強机の引き出し
 →勉強ノートとペン、日記が入っている。
  最新のページに以下のように書かれている。

---
【フレデリカの日記】
ぬいぐるみをメアリーにあげた。
メアリーが欲しそうにしてたのにキャシーがあげなかったから。
フレデリカはお姉さんだから メアリーに優しくしてあげるの。
メアリーはプレゼントした猫ちゃんのぬいぐるみを嬉しそうに抱っこしてた。
今までで一番嬉しいプレゼントだって。笑顔のメアリーはとっても可愛い。
---



2F・メアリーの部屋


※※メアリーの部屋では【炎上】のトラップは禁止※※

・勉強机の引き出し
 →勉強ノートとペン、日記が入っている。
  最新のページに以下のように書かれている。
  字が汚い!正確に読むには母国語成功が必要。
 ("小さい子の文字を意味を検討しながら読む"という観点なので、各々の母国語でOKです)

↓母国語に失敗した場合
---
【メアリーの日記】
◯月✕日
アイリーンに***をあげた。
***にするって喜んでくれた。大事にしまってくれるんだって。***。

◯月▽日
フレデリカがずっと欲しかったぬいぐるみを***! ***!
フレデリカは優しいから***。

◯月☆日
テッドが一番大事な***を教えてくれた。
いつもみたいに**しておかなくちゃ。
---

↓母国語に成功した場合
---
【メアリーの日記】
◯月✕日
アイリーンに誕生日プレゼントをあげた。
宝物にするって喜んでくれた。大事に仕舞ってくれるんだって。嬉しい。

◯月▽日
フレデリカがずっと欲しかったぬいぐるみをくれた! 嬉しい!
フレデリカは優しいから大好き。

◯月☆日
テッドが一番大事な秘密を教えてくれた。
いつもみたいに隠しておかなくちゃ。
---

・おもちゃ箱
蓋を開けると、溢れんばかりのぬいぐるみ。数も種類も豊富
→目的を持って探すと猫のぬいぐるみが出て来る。

・猫のぬいぐるみを力任せに解体する
 ※破ろうとする前に、ぬいぐるみの中に何か隠されていた場合、破損する可能性があることを伝える。
→ビリ、と何かが中で破れたような感触。
 綿の中から破れたメモ用紙が出てくる。
 目星成功でメモ用紙を読める程度につなぎ合わせられる。

・猫のぬいぐるみを、メモを見ながら裁縫セットで解体する(DEX*5成功が必要)
 →中から折りたたまれたメモ用紙が出てくる。歪な子供の文字。
  字が汚くて読めない! 読むには母国語成功が必要。

↓母国語に失敗した場合
---
【猫のぬいぐるみのメモ】
close → *** → close
時計回りに***
***の部屋の行き方
---

↓母国語に成功した場合
---
【猫のぬいぐるみのメモ】
close → open → close
時計回りに一回転
テッドの部屋の行き方
---

※行き詰まった場合、アイデア成功で「open」「close」と談話室の暖炉の鍵穴に刻んであったことを思い出す。







地下・階段


 暖炉に隠されていた通路を探索者たちは降りていく。
 細い階段は、1人ずつ通ることしかできない程度の狭さ。
 等間隔に明かりがはめ込んであり、歩くには不自由しない。

 少し降りると踊り場に辿り着く。
 その踊り場には、等身大の少女人形が椅子に座らされるような形でディスプレイされていた。

※踊り場は全部で5つあり、それぞれに等身大の人形がディスプレイされています。触ることが可能。
 テッドが探索者たちを歓迎するためにディスプレイした、『素材』を抜いたあとの余り物で作った人形たちです。

◆1つ目の踊り場
「Catherine」とプレートが飾ってある人形。
可愛らしい服に帽子を身につけているが、帽子の下は髪がない(全て剃られている。丸ハゲ)。

・目星
 →本物の人間を使った人形だと分かる。今まで人間を使った人形を見ていなかった場合SANc1/1d3。


◆2つ目の踊り場
「Cindy」とプレートが飾ってある人形。
可愛らしい服を身につけているが、両腕がない。

・目星
 →本物の人間を使った人形だと分かる。今まで人間を使った人形を見ていなかった場合SANc1/1d3。


◆3つ目の踊り場
「Diane」とプレートが飾ってある人形。
可愛らしい服を身につけているが、両足がない。

・目星
 →本物の人間を使った人形だと分かる。今まで人間を使った人形を見ていなかった場合SANc1/1d3。


◆4つ目の踊り場
「Eileen」とプレートが飾ってある人形。
可愛らしい服を身につけているが、胴がない。針金などを使用して、椅子に固定する形で四肢と頭がディスプレイされている。

・目星
 →本物の人間を使った人形だと分かる。今まで人間を使った人形を見ていなかった場合SANc1/1d3。


◆5つ目の踊り場
「Frederica」とプレートが飾ってある人形。
可愛らしい服を身につけているが、一切皮膚がない。筋肉や血管がむき出しになっている。ロールによってはSANc0/1。

・目星
 →本物の人間を使った人形だと分かる。今まで人間を使った人形を見ていなかった場合SANc1/1d3。


◆6つ目の踊り場
頑強な鉄の扉がある。

・目星
 →鍵などはない。『Ted』と刻まれている。

・聞き耳
 →扉の向こうからは何も聞こえない。

ノブを動かせば、扉は簡単に開く。



テッドの作業室


 扉を開くと、そこに広がっていたのは――非常に整頓された作業部屋だった。
 タイル地の壁は磨き上げられ、床には塵ひとつない。
 奥には作業スペースらしきものが見えるが、そちらも神経質なまでに完璧に整頓されている。
 まるでディスプレイのように清潔な部屋……しかし探索者たちは、この部屋で何らかの作業が行われていたことに確信を持つだろう。
 なぜならこの部屋は、非常に濃厚な血の匂いで満ちているのだから。

他の階でペナルティ積みなどで脱落した探索者がいた場合、ここで気絶している。
医学・応急手当で意識を取り戻すことが可能。
脱落時点で探索者のHPが0以下だった場合、すでに蘇生可能なターン数は経過しているため、そのままロスト(死体となって倒れている)。

---
【テッドの部屋】
あまり広くない。手術台らしき設備に、薬品棚、作業机が見える。
奥の壁に簡素な木の扉がある。
---

◆手術台?
手術台らしき設備。頭上には光源らしき大型ライトが設置してあるが、今は消えている。
さらに天井には、手術台の全体が映る鏡が取り付けられている。

・目星、アイデア
 →大人を寝させるには台が小さく感じる。


◆薬品棚
非常に数多くの薬品が並んでおり、片隅にノートが1冊置いてある。

・目星
 →薬品棚の中で道具がしまってあるゾーンを見つける。
  手術などに使用しそうな道具があるが、その中にどう考えても使い方の分からない異様なものがいくつか含まれている。
  また、特殊な形のスプーンのようなものが出てくる。結構大きい(カレースプーンくらい)。

 ※テッドがミ=ゴから譲り受けた、人間を人形に加工する道具類と、眼球をえぐるためのスプーンです。

・医学
 →麻酔などもあるが、人間の治療には決して使用しない種類の薬品がいくつか置いてある。

・薬学・化学・生物学
 →麻酔などもあるが、人間の治療には決して使用しない種類の薬品がいくつか置いてある。
  これらの技能に成功した場合、さらにアイデアを振らせる。
  アイデア成功で、これらの薬品を使用すれば、人間の遺体を蝋人形のように硬化させることが可能であるとひらめく。

・ノート
 →中を見ると、『人間を人形に加工する方法』がびっしりと手書きで書かれている。
  まるで子供向けのレシピのように非常に丁寧。手に取るように理解できる内容に、無条件の生理的嫌悪。SANc0/1。

  →目星が振れる。目星成功で、おまけ的なページを見つける。
   『花びらで爪を作る方法』『石ころで目玉を作る方法』などのお遊び的メモ。
   書き手が興味のない内容らしく、非常にさらっと書かれている。

 ※このノートを使用すると、DEX*5と幸運に成功で青い宝石を使用した眼球を作ることができる。
  道具はすべて薬品棚に揃っている。


◆作業机
きっちりと四隅を揃えて重ねられたレポート用紙がある。
1番上の用紙には、美しい文字で『Congratulations!』と書かれている。

・レポート用紙を手にとって読む
 →下にもう1枚レポート用紙があり、以下のように書かれている。

---
素晴らしい。君たちに目をつけて正解だったようだ。
ここまでの謎解きご苦労だった。
私の屋敷は楽しんでもらえただろうか?

聡明な君たちに最後の素晴らしき役目を与えよう。
君たちには最後に私の娘を完成させてほしい。
娘は完璧だ。最後の仕上げさえ滞らなければな。

さあ、私の寝室へ来たまえ。
娘を完璧に仕上げることができれば、君たちをこの屋敷から安全に出すことを約束しよう。

Ted.Winchester
---


◆簡素な木の扉 → 寝室
非常に簡潔な作りの扉。

・目星
 →特に特徴的なものはない。鍵穴もない。

・聞き耳
 →特に何も聞こえない。







テッドの寝室


 開いた先は、先程までいた部屋よりもさらに質素だった。
 タイル地の壁に、室内にはベッドが一つ。
 何よりも目を引くのは、安楽椅子に座らせられている少女人形だろう。
 服といい髪といい肌といい、遠目からでも輝くように美しいのが分かる。

 そしてその部屋のベッドの上に、仰向けになって手を組み横になっている男がいる。

---
【テッドの寝室】
男が横になっているベッド、ベッドサイドには小さなローテーブルがある。
部屋の中央に安楽椅子に座らされた等身大の少女人形がある。
---


◆ベッド
大人用のシンプルなベッドに、金髪の男が仰向けで寝かされている。
男は腹の上で祈るように手を組んでいる。
そして服の上から、まっすぐと心臓を貫くように刺されたナイフ。
呼吸を確認せずとも男がすでに死んでいることが分かる。

・目星、男の身体に触れるなど
 →まだ温かい。ついさっきまで生きていたことが分かる。

※自殺です。そういう風に目星・アイデアを希望した場合は伝えてOK。


◆少女人形
美しいブロンド、玉のような肌、完璧なまでにバランスのとれた四肢、息を飲むほどの美貌。
どこをどう見ても美しい、完璧な容姿の人形。
眠っているかのようにまぶたを閉ざしている。

※すべての少女たちの最も美しいパーツをつなぎ合わせた人形です。
 眼球が入っていません。

・目星
 →人間を加工して作った少女人形と分かる。
  宣言があれば、行方不明者の一人メアリー・ブライスの顔であると教えて良い。
  (目星クリティカルで眼球が入っていないことが分かる)

・アイデア成功or目星クリティカル
 →少女人形のまぶたに違和感を感じる。
  詳細に見る、まぶたを持ち上げるなどで、その下に眼球が入っていないことが分かる。


◆ローテーブル
日記帳らしき本が置いてある。

内容は大半が暗号で書かれており、読むのは用意ではない。
ところどころ普通の字で書かれている箇所があり、それは以下の通り。

---
◯月◇日
奴らとの本日の取引完了。
ようやく人形へと加工する最終的な技術を手に入れた。
奴らに脳だけの生命体になれだの誘われたが、まったく呆れた連中だ。
この屋敷とこの屋敷に属するものを特別な技術で加工し、愚かな人間を追い出しやすくしてくれたのは評価しよう。
しかし、神が与えたもうた人間の美しさを理解できないというのか。
人は人の形をしているから素晴らしい。
それを完璧に保存することこそ私に与えられた至上命題なのだ。

 ~~~

◯月✕日
今までの子たちはてんでダメだった。
いざ解体してみたら、とてもじゃないが使えないパーツばかりだったのだ。
その反省を活かして選び抜いた子たちだけが今屋敷に揃っている。
計画は完璧だ。

キャサリンは髪が素晴らしい。
シンディーは腕が魅力的だ。
ダイアンは足が本当に良い。
アイリーンは胴が理想的である。
フレデリカは肌がパーフェクトだ。
メアリーは完璧な美貌をしている。
しかし目が美しくない。よろしくない。

 ~~~

◯月▽日
あの少女には完璧な仕組みも与えている。
彼女だってこの屋敷に属すもの、彼女自身も愚か者を裁くことができるのだ。
なのに目だけが。
目。目。目が美しくない。
目が無い。
どうにかならないものか。
ああまったく(暗号と普通の字を混ぜて罵詈雑言を連ねてある)

 ~~~

◯月☆日
鏡を見てようやく気づいた。
ここにこんなに美しい完璧なものがあったじゃないか。
まるで真っ青な宝石のよう。そう、本物の宝石のようだ。
私はずっと求めていたんだ、本物の宝石の輝きを持つ瞳を。
最高の気分だ。

 ~~~

◯月※日
奴らと交渉して専用の道具も手に入れた。いつも通り薬品棚に置いておこう。
さあ、これで目も手に入る。
あとはこれを誰かに託すだけ。ああ最高だ、これで完璧な(暗号)が手に入る。
完璧な(暗号)は、やはり聡明な者に見せるのが相応しい。
この屋敷に招く人間も選別しなければ。


ということだ。
聡明な君たちはもう何をすればよいか分かるだろう?
---
※最後の2行だけは、探索者がこの部屋まで辿り着くのを察したテッドが付け足しました。

この日記を見た上で薬品棚にあったスプーン型の道具に触ると、頭の中に眼球を加工して人形に与える流れが突然浮かび上がる。
道具を使って眼球を適切にえぐり、薬品棚の薬で加工して、人形の眼窩に収める。
あまりにも生々しい、非人道的な作業が突然頭に流れ込んできて、SANc1/1d2。

このイメージを見た探索者は、完璧な手順で人間から眼球をえぐり出し、人形の目玉に加工して人形にはめる事ができる。



ED分岐


◆全員が意識不明(HP0、ショック含む)になる、全員がペナルティ上限に達する【BAD】
最後に意識を失った探索者は、最後の瞬間、近づいてくる足音を耳にする。
「君たちではダメだな。まったく賢くない。また別の人間を招待しなければ」
心地よいバリトンボイス。しかしどこか感情的なものが欠けているようにも感じられた。
最後の力で目を開くことができたあなたは目にする。非常に整った見目の男が、自分に向かって感情の無い目でナイフを振り下ろして来たのを――。

 →ロスト。


◆道具を使わずにテッドの遺体から眼球をくり抜く、青い目の探索者から目を抉る【BAD】
(多国籍卓になりやすいので、青い目の探索者がいる可能性もあるかと思います。
 最後の部屋で少女人形を破壊しようとした場合、テッドの死体を傷つけようとした場合、眼球を作らず2Fから脱出しようとした場合もこのエンドを適用します)

 ぐちゃり、嫌な音を立てて、探索者の手の中に眼球が転がり落ちる。
 その瞬間、安楽椅子に座っていた少女人形がけたたましい笑い声をあげ始めた。
 ケタケタケタケタケタケタケタケタ。一切途切れることのない、少女と呼ぶにはおぞましすぎる声。
 引き裂けんばかりに口を開いて笑う少女人形は、やがてぐりんと首を回転させ、眼球のない黒い眼窩で探索者たちを見据える。
「愚か者! 愚か者だわ! 愚か者がいる! ポイしなくちゃ! ダメなのよ! 愚か者だわ! ああ愚か者だわ!」
 ゲラゲラゲラゲラ、笑い声はこだまし続け、やがて探索者たちの鼓膜の限界を超える音量となる。
 うるさい、止めろ、誰か止めてくれ、誰か――! そんな願いも虚しく、探索者たちは突然ぶちんという音を聞く。それは探索者の鼓膜が破れる音、そして探索者の意識が途切れる音だった。
 安楽椅子から立ち上がり、ケタケタ笑いながら静かにナイフを握った少女人形を、探索者たちが見ることはない。
 少女人形はナイフを振るう。愚か者を裁くために。彼女自身も、この人殺しの家に属するものなのだから。

 →ロスト。


◆2Fの窓から脱出する【NOMAL】
(途中でこの窓から1人だけ脱出した探索者などにもこの描写をします)

 2Fの窓から飛び降りた階下のプール、そこは非常に深い水深だった。
 水泳技能またはCON*5に成功しなければ、プールに飛び込んだ衝撃から立ち直れず、探索者は窒息してしまうだろう。
 探索者は命からがらプールサイドに泳ぎ着き、乾いた地面に身を投げ出す。
 そのままふらつきながら門へと向かい、人を殺す屋敷を後にするのだった。

 →生還。報酬なし。窒息ロールの結果によってはロスト。


◆テッドの遺体から眼球をくり抜き、少女人形にはめる【TRUE】
 探索者はまるで熟知しているかのように、完璧な眼球を作り上げることができる。
 あまりにも非道徳的かつ、何か本能的な恐怖に働きかける行いに、眼球を作成した探索者はSANc1/1d3。

 作った眼球を人形に与えると、まるで人形は生きているかのように二度瞬きし――ニッコリと探索者に微笑みかけた。
 ぱかり、少女人形の口が開く。そこから転がり出たのは『MASTER』と記されたキー。

 ※玄関に鉄製の柵が降りていた場合は、ここで聞き耳を振らせる。
  成功した探索者には何らかの金属音が聞こえ、それがあの鉄柵が降りてきた時の音に似ているとも分かる。

 マスターキーを持って玄関に向かうと、玄関扉が一部剥がれ、隠されていた鍵穴が現れている。
 探索者が鍵穴に鍵を差し込んだ瞬間、クスクスと小さな笑い声が聞こえた。
「おしまいよ。めでたしめでたしね」
 気づけば扉に書きつけられた赤い文字は、『good bye』という言葉に変化している。

 探索者たちは安全に玄関から出ることができる。
 振り向いた屋敷からは、異様なものは感じるけれど、もう恐ろしさはなかった。
 なぜならこの人殺しの家は、あなた達の手によってたった今無力化されたのだから。

 →生還。


◆青い宝石で眼球を作り、少女人形にはめる【BEST】
 探索者は宝石を使って人形の眼球を作り上げる。
 それは薄っすらと光を含む、思わず目を奪われるような美しい出来だった。

 作った眼球を人形に与えると、まるで人形は生きているかのように二度瞬きし――頬を薔薇色に染めて探索者に微笑む。
「なんて綺麗なの、宝物にするわ!」
 少女人形の口は動かなかったが、探索者たちは鈴を転がすような少女の声を間違いなく耳にした。
 ぱかり、少女人形の口が開く。そこから転がり出たのは『MASTER』と記されたキー。

 ※玄関に鉄製の柵が降りていた場合は、ここで聞き耳を振らせる。
  成功した探索者には何らかの金属音が聞こえ、それがあの鉄柵が降りてきた時の音に似ているとも分かる。

 マスターキーを持って玄関に向かうと、玄関扉が一部剥がれ、隠されていた鍵穴が現れている。
 探索者が鍵穴に鍵を差し込んだ瞬間、クスクスと小さな笑い声が聞こえた。
「めでたしめでたしね。素敵なプレゼントまでありがとう」
 気づけば扉に書きつけられた赤い文字は、『good bye & Love you』という言葉に変化している。

 探索者たちは安全に玄関から出ることができる。
 振り向いた屋敷からは、異様なものは感じるけれど、もう恐ろしさはなかった。
 なぜならこの人殺しの家は、あなた達の手によってたった今無力化されたのだから。

 →生還。







報酬


・生還  … 1d6

・人形にテッドの眼球を与えた。…1d3

・人形に青い宝石で作った眼球を与えた。…1d6 + 1d3

・屋敷のぬいぐるみや人形を無理に破壊しようとしなかった。 … 1d3
 (↑裁縫セットでの解体は含まない。1Fの兎の人形など、破壊を試みて噛まれた場合などもこの報酬は無効)

・屋敷の設備(窓など)を一切破壊しなかった。 … 1d3


テッドの寝室で人形の眼球を作り上げるイメージを見た探索者には以下の技能を与える。
・製作(蝋人形) … 10%

シナリオ中に人形を加工する道具を持ち帰ると宣言があった場合のみ、以下のAFを与える。
『蝋人形製作キット』
 哺乳類を蝋人形へと加工できる道具類。持っている場合「製作(蝋人形)」に+50の補正。



製作背景とか裏話


「人殺しの(住んでる)家」かと思いきや、家そのものが人殺しというタイトルでした。

自分の回すシナリオで探索者がほぼほぼロストしたことがないため、それならと思ってロスト率高めを作ってみようと思いこんなことになりました。
いわゆるクトゥルフ的なロストシナリオとはまた毛色が違う感じがしますが……個人的には程よく気持ち悪く作れたかなと思っています。
謎解きは必死でひねり出しました……。

テッドは典型的なサイコパス犯罪者です。
また、この屋敷は全てテッドによって手入れされています。
非常に神経質で完璧主義だったため、屋敷は隅々まで清潔に保たれていました。

カウンセラーだった彼は言葉巧みに少女たちを拐かし、少女たち自身には「誘拐された」という自覚はほとんどありませんでした。
優しいおじちゃんがお屋敷のお泊り会に誘ってくれた、くらいの気持ち。 

テッドは彼女らの身体に傷がつくことを酷く恐れ、特別器用だったメアリー以外には刃物を始めとする危険物は絶対に触らせませんでした。
メアリーが裁縫道具を持っていたのは特別です。 

テッドは手術の際、局部麻酔だけで意識は保った状態のまま少女たちを手術台に乗せ、彼女たちに進行状況を見せながら、完璧な娘の作成に必要な『素材』を『回収』していました。

テッドが最後に自殺していたのは、どうせこの後逮捕されるだけなんだし、完璧な娘が完成したのだから逃げる必要も投獄される必要もないし、ついでにこの屋敷にわざわざ来た人間の胸糞を最低に悪くしてやりたいというだけの動機です。ただの狂人です。

ちなみに「テッド」は一番最初にシリアルキラーと分類された犯罪者から、「ウィンチェスター」は迷路屋敷と名高い洋館の持ち主からとりました。ぐぐったら出てくるよ。 

英語圏でないと雰囲気が出ない割に、書き手に英語圏の都市の知識がまったくないため、無理やり色んなものをこじつけようとした結果T都という舞台になりました。
結構身内では好評な世界観なので、またT都舞台の話を書けたらな~と思います。