書き起こしに1週間かかることを忘れるなよ、四ヶ内(しがない)と申します。
プロット出来たらさっさと書き起こし始めないと酷い目を見るぞ。

性質的に、めちゃくちゃシナリオに書き込みを行うタイプです。
個チャが多かったり、室内の様子をチャットに貼って
探索をちょっとでも分かりやすくしたいな~と思うと、
必要以上に文字数が増えます。

これでも読み返すたびに削ってはいるのに……。

そんで書く時に地味に困るのが、縦に長くなることなんですよね。
wordは死ぬほど相性が悪いので使ってません(PCに入ってすらいません)。

サクラとか愛しのHyperさんだと、TRPGのシナリオ書くには向いてないんですよね。

今まではジャンプとかを駆使してましたが、
書いてる途中で前に出てきた情報を見返すのが大変だったり……。

エクセルも試してみたのですが、文字数が多すぎて向いてませんでした。

シナリオを回してみると、1→2→3とマップの情報があるけど、
探索者は実際には3→2→1という順番で探索しはじめたり。

テキストでシナリオを追っていると、意外とスクロールがめんどいんですよね。

そこで出会ったのが「NanaTree」というフリーソフトです。
友人が教えてくれたものだったのですが、まーこれが便利なこと。

特にマインドマップを使う自分とはめちゃくちゃ相性が良かったようです。

オンセでシナリオ回してる時によく迷子になっちゃうというGMさんにオススメ。




~目次~







「NanaTree」の操作画面


NanaTreeさんの公式サイトはこちら(クリックで飛びます)

そしてこれが基本的な「NanaTree」の操作画面。
1
かき心地というか、行間とかはサクラに近いです。
メモ帳より詰まってる感じ。

太字とか斜め字とか装飾つけられるのがイイネ!



ここがオススメ「NanaTree」


で、「NanaTree」が便利な理由なのですが。
2
こういう風に、階層でテキストを書けるのです。

ウェブブラウザみたいにテキストを行ったり来たりできる
これがTRPGのシナリオを見る時に無限に便利!

例えば四ヶ内の場合は、シナリオ「死神に花束を」をこんな風に分けてます。
3
シティとかだと、時系列で分けても見やすいのじゃないでしょうか?
スクロールする必要なく、ぱっぱっとページを捲るようにシナリオを俯瞰できるので、
とっても便利。

拡張子もNanaTree専用の「nna」「nnz」の他、htmltxtで吐き出せます
エクスポートしてみたところなかなかいい感じ。
テキストエディタ使いの方も入りやすいソフトなんじゃないでしょうか。



ここは難点「NanaTree」


時々困るかな~というのがこれ。
  • スクロールを覚えてくれない
覚えてくれないというよりは、
ノードを行き来するとスクロールの位置がカーソルに合っちゃうんですよね。

他のノードをチラ見して、
帰ってきて「……!?」ってなることが最初は多いかもしれない。

それもカーソル当てておけば解消されるので、致命的な感じはしないかな。



普通に小説書くときにも使えるのでは


シナリオを書くのに活用しているNanaTreeですが、
これ普通に小説書くのにも使えそうだなぁと。

そして四ヶ内はマインドマップを使うので、ノードという概念が無限に便利です。
多分日頃マインドマップとかツリー階層思考の方ほど
NanaTreeは向いてるんじゃないだろうか。

是非一度お試しあれ~~。

NanaTreeさんの公式サイトはこちら(クリックで飛びます)