TRPGのセッションでGMさせてもらうたびに思うのが、「もっとGM上手くなりてぇ~!!」です。
処理力、把握力、描写力云々かんぬん……。
GM力というのが具体的にどんなものを指すのかは自分でも言い切れませんが……。

最近になってようやく「ここは譲れないな」という自分なりのこだわりも出てきましたが、やっぱり基本は日進月歩、ナメクジの歩みという感じがあります。

で、四ヶ内(しがない)がGM力の向上のために役に立つなぁと思っているのが、TRPGのリプレイ動画を見ることです。




~目次~







『リプレイ風動画』ではなく、『プレイを録画した動画』を見る


TRPGでリプレイ動画というと、主に二種類を指します。

  • TRPGのオンラインセッションを元に作った、ノベルゲーム風の創作動画
  • TRPGのオンラインセッションを録画したそのものの動画

ここで指すのは後者です。

前者の動画は"観て楽しんでもらう"という意識が強すぎて、そりゃもう見ていて楽しいのですが、GM力を伸ばすにはちょっとエッセンスが足りません。

後者はGMが"このセッションを回し切る"という意思で発言してる訳ですので、まさにその時その場のGM処理を見ることができます。
学校の授業でも「先生が解き間違った問題を、自身でどのように修正していくのかを見ていくのが一番参考になる」とか言ったりしますが、その場でねじ込まれるアドリブ捻れかけた誘導を修正していくのを見るのはやっぱり勉強になりますね。

リプレイ録画動画はニコ動よりもyoutubeにいっぱい転がっているイメージ。
自分が好きなシナリオの名前を検索して、出てきたそれがそこそこの再生数だったら、ちらっと見てみるといいかもしれません。
やっぱり知っているシナリオを聞くほうが、客観的にGM処理を観れるので。

で。
リプレイ録画動画にはさらに種類があります。

大きく分けると、
  • 自分がGMの動画
  • 自分がGMではない動画
です。

この他にも身内卓の動画とか知らない人と身内がやってる卓の動画とか細かいこと言い始めたらキリがないのですが……今は大きくこの二つで分けます。
で、四ヶ内としては、このどちらを見ても勉強になるなと思っています。



人のリプレイ動画を見るメリット


これは純粋に、自分では思いつかない&自分では手に負えない処理を見ることができるというのが大きいです。

四ヶ内は先日幸運にも自分が作ったシナリオを他の方が回してくださったリプレイ動画を見ることができたのですが(マジでシャブ)、「このシナリオこんなに殺意高かったんか……」とシナリオ製作者でありながら絶句しました

やっぱりGMって、ただシナリオを管理するわけでなく、人格を持ってPLを導くストーリーテラーなのだと思うのですよ。

GMが100人いれば、エンディングが同じであったとしても100通りのセッションが生まれます。
そこには100通りの思考があり、100通りの工夫がある。
その100個のうち1つをちらっと見るだけでも、自分にはなかったものを新鮮に吸収できると四ヶ内は思います。

あと意外とありがたいのが、GM的語彙を増やせるというメリット。
他の人のGM処理を聞いていると、「あ、この言い回し便利だな」という発言を耳にすることがあります。

四ヶ内が勉強になったのは、「メタ的に言うと何もないです」という高い視点の言葉。
シナリオから外れてしまうようなミスリードしてしまうくらいなら、本当になにもないと手の内を見せてしまってもいいんだな……と、その処理を見てから気が楽になりました。

と、感心するGMの言い回しを聞くと、いざ自分がGMをしたときにするっとその一言が出て来ることがあるんですね。
相槌のパターンを増やせるというか。

返事に困ることが減るので、その分脳みそを重要な部分の処理に回せます。
GMとしての語彙を増やすという意味でも、録画を聞くって便利だなぁと思います。







自分GMのリプレイ動画を見るメリット


四ヶ内は結構自分がGMした動画を見るのが好きです。

というのも、自分が好きだなと思ったシナリオきっとこの人は楽しんでくれる!という人を呼ぶわけなので、やっぱり楽しかった~! というセッションになることが多く。
また楽しかったやつを見たい! という思いが生まれるためです。ありがたい。

で、実際見たところで「うっっっっっっっっっっわこのGM気持ち悪ッッッッッッ!!!!!!!!」と途方にくれます。大体。
録音で聞く自分の声ってなんであんなに未知なんだろう。

ですがまあ、自分の録画を見ても吸収できるものって意外とあったりして……。
単純に自分のキーパリングの反省になるわけですが。

GMやっているときは、ブラフを立てたり誘導するために意外と気もそぞろに発言してることがあります。
なので意外と気の入っていない発言が多くて、その時には気づかなかったけれど、後々見てみるとその瞬間のPLさんの要望を取りこぼしてることがあるんですね。

ああ、ここはこういうことを聞かれてた訳じゃなかったんだな、とか。
冷静になって聞いてみると分かるんですが、GMはまだまだ汲み取れないことの方が多い……。

そういう風に「ちっくしょー!!」を積み重ねると、次やるときはこうしよう! という思いが自然と芽生えます
それがなんだかんだ、一番『自分を磨く』という意味でGM力を高めるのに役立ってくれてるなぁ、と四ヶ内は思います。

セッションの録画は自分だけが発言してるわけではないので、スピーチを聞くみたいに苦しいだけというわけでもなく。
楽しい思いをしながら、ああ~次はこうしよう……と、反省を抱けるのってなかなか良いなぁと思います。



録画が無理なら録音でもいいと思う


四ヶ内がリプレイ録画動画を見るのは、大体が移動中です。耳が暇なので。

で、さすがに画面をずっと眺めるわけにもいかないので、大体音を聞いてるだけです。
それでも十分勉強にはなるので、録画が無理という人は録音でもいいんじゃないかな。

録音を無料ソフトでやる方法についてはこっちでまとめています。
(クリックで飛びます)

録音を残すと、いつ生まれるか分からない神回を後からいつでも聞き直せるという最高のご褒美が手に入るので、環境がある方はトライしてみてもいいんじゃないでしょうか。

……しかしTRPGって、最低でも2時間はかかるものが多いわけであって……相場は3~4時間とかなわけであって……。
4時間ものの動画を何度も見返してしまうTRPGとかいうジャンルすっごいなっていつも思います……。