三上と申します。


 ありがたいことに遊んでくれる身内が多いもので、最近はTRPGのオフラインセッション=オフセをする機会も増えてきました。

 (オフセって何? はこちらの記事で


 で。

 オフラインだとオンラインにはない悩み、問題が発生します。


 何持っていけばええねん。


 初めてオフセに参加する時、一番シンプルにつまづいてしまうのが持ち物です。


 何度かオフセを重ねる中で、少なくとも自分がこれだけ持っていればオフセするのには困らないよな~という持ち物をまとめました。


※注意:この記事は「TRPGのオフセに参加するPL持ち物」に言及しています。

 オフセする場所とか、参加する方法とか、GM向け情報とかはそんなにないです。
 役立つことはあるかもしれないけども。


 「初めてオフセするけどどうすればいいんだ?」「久々のオフセだけど結局何がいるんだっけ」

 この記事はそういう方向けです。



~目次~







まず必要なもの一覧


 細かいこたぁ置いといて、まずはざっくり書き出してみましょう。
  • ダイス
  • キャラシート
  • 筆記用具
  • ルールブック……?  
  • 食べ物・飲み物

 ある程度慣れてきたという方は、↑をチェックシートにしちゃってもいいくらいだと思います。
 とりあえずこれらがないと話にならないです。
 (ルールブックにハテナがついてる理由は後述)

 じゃあ具体的に、ダイスは何個? どんな筆記用具がいいの? という話が次から。



オフセの持ち物1:ダイス


 「みんな持ってんなら持っていかなくてもいいかな?」をやらない方がいいナンバーワン
 オフセに慣れた人はダイスを複数持っているのが大抵ですが、それでも足りなくなる時は足りなくなります。

 ダイスは基本的に出目を拾うためにあります。
 なので一度転がしたら、できるだけ次のロールまではその出目で転がしっぱなしの方が安全といえば安全なのです。
 「それ振り終わったらダイス貸して☆」を延々やっていると、卓がグダる原因にもなりますし。

 あと、自分のダイスを持つと愛着が湧いて大変楽しいです(小さな声)


クトゥルフでダイスは何個あればいい?


 クトゥルフって限定してしまってすみません、他のシステムをオフで遊んだことがないので割愛します。

 クトゥルフ神話TRPGを遊ぶ時は、少なくとも1d100、1d6、1d4は必須です。
 おなじみですが、1d100が100面ダイス、1d6が6面ダイス(=サイコロ)、1d4が4面ダイスです。

 そんでもって最低でも、100面ダイスは2個、6面ダイスは2個、4面ダイスは1個持っておいた方が無難。

 そのほかにも「1d8振れや!」みたいな指示もありますが、↑の個数揃っていれば大抵乗り切れます。

 1d100=100面ダイスはちょっと特殊なダイスで、10面ダイスを2個使用し、片方を1の位片方を10の位と扱って数えます。
 どういうこと? と思うかもしれませんが、
DLPS6YfUQAAzKhL
 こういうことです。0がついてる方(画面左)が10の位ですね。
 画像の出目は「22」です。
 2個で1セットの変化球ダイスが100面ダイスくんです。

 で、1d100が2個(正しくは2セット)あったほうがいい理由なんですが、よく振るのでよく吹っ飛びます
 なくさないよう念のため、というのと、吹っ飛んだ時に他の人を待たせないよう咄嗟に対応するため、という意味であると安心ですね。

 1d6も地味~に振る機会が多いのと、他のシステムでも使いやすいので、多めに買っていて損はないです。
 1d4は逆に最初のうちは持っていなくても少々平気かな? というくらい。

 TRPGにハマってきた人は、1d20も何気なく振る機会が多いのでおすすめです。
 あと20面ダイスの形は個人的に好き。

 初めてダイス買うぞ~! という場合は、色やデザインが他に参加するPLさんとかぶらないよう意識するといいかもしれません。
 元々買いたい色にこだわりがあるならもちろんそちら優先で。

 ダイスの色やデザインはかなりラインナップが豊富なので、どれを買うか悩むのも贅沢な時間です。

 (個人的には、クリアダイス買うくらいならフロストダイスの方が見やすいな、と思います。
 クリアダイスはつるつるした透明なの、フロストダイスは表面が磨りガラスみたいなやつです。
 上の100面ダイスの写真だと、10の位がフロスト、1の位がクリアダイス)


 ↓のようなセット系は基本的に揃えて損はないです。
 ただセットだと意外と100面が入っていないものが多いので、CoCする方は特に買う前にチェックが必要。


 ここらへんとか! 可愛くていいですね!
 あとこれはセットな割にお安くてびっくりした。


 こっちは個性派。
 やっぱり多色マーブルって綺麗。


 あとはまあ、せっかくクトゥルフやるならこの手のダイスセットを買うのもありですね。
 しかし公式ダイスさん流石に出目が見づらすぎることない??


 実を言うと、こういう「私、100面です!」みたいなダイスがあることもあるのですが、正直なところ見づらいし保管しづらいので全然オススメはしないです
 記念で買うとかはいいとおもう。


 ネットはもちろん、店頭で迷いながら購入するのも楽しいです。
 せっかく店頭で買うなら、東◯ハンズやL◯FTよりは、イエローサブマリンさんみたいな専門店がおすすめ。ラインナップの差が半端ないです。

 まあうちの実家は田舎だったので専門店どころかハ◯ズもL◯FTもなかったんですけど!



ダイストレイはマジで絶対にあったほうがいい


 で。
 ダイスをカートに入れて満足したあなた、まだお会計はしないでください。

 オフセに絶対的にあったほうがいいもの。
 それが……。


 ダイストレイです

 これは冗談でなく、一人ひとつは持参するべき

 何故かというと。
 オフセはマジでダイスが吹っ飛びます

 「静かに転がせばいいじゃん?」じゃねぇんだ。
 ロストかかったSANcで落ち着いてもクソもねぇんだ

 というわけで、セッション中にダイスを失う、ダイスが弾んで不慮の事故を引き起こすなどの悲劇を予防するためにも、ダイストレイはマジであったほうがいいです。
 あとトレイがないとダイスが転がる音がうるさくて普通に嫌になります。

 一人ひとつあった方がいい理由なのですが、複数人でダイストレイを使っていても、他人が投げたダイスに当たってダイスが吹っ飛びます
 自分の手元で、自分のトレイにダイスをぶち込むのが一番安全です。
 判定もややこしくならないしね。


 ↑ではザ・ダイストレイみたいなのを出しましたが、最近では折りたたみできるやつがわりかし主流です。
 これ↑はAmazonで一番売れてるタイプ。
 使う時は四隅のボタンをぽちっと組み合わせると箱型になり、しまう時は二つ折りにできるという優れもの。

ちっさいサイズもあります。


 あと三上が一番オススメなのが、ポーチとトレイが一体化したやつです。
 何を言っているのか分からないって?
DKoxMc2VoAAm-Ci
これを、
DKoxMYXUQAEKxUA
こうして、
DKoxMjEUEAAbdnb
こうじゃ!

 といったように、最近は「折りたためるくらいならいっそトレイをポーチにしてしまえ」という非常に合理的なダイストレイも人気です。
 これはお馴染みイエローサブマリンさんで購入しました。黒は店頭にしかないんかな。


 とにもかくにも、まだダイストレイ持ってない! って人は絶対に買ってください。
 ダイストレイを使わない文化圏でTRPGしてるぜ! って人はあなたが先駆者になってください

 オフラインセッションをより事故なく快適に。







オフセの持ち物2:キャラシート


 とうとう紙ものの話です。

 ひとまずキャラシートはないと話になりません。
 基本的にはルルブの巻末や、システムによってはルルブのカバーを剥がした面にコピー元となるのが印刷してあります。
 最近はネットでも転がってますね。……あんまり良くないとは思いますが。

 メンバーを集めてやる時は、持参した方がいいのか、GMがまとめて刷ってくれるのかを確認しましょう。
 予備を用意するという意味でも、自分で持っていった方が安全といえば安全です。
 卓中もずっと手元に置くし、卓が終わった後はまず自分で保管することになります。


キャラシート最大の難関~保管~


 で。
 個人的にオフセの最大の難関だと思っているのが、キャラシートの保管です。

 紙って本当、痛むのが早い。
 TRPGのセッションをする際は、A4のクリアファイルを持っていった方がいいです。
 半分に折って保管とかしていると、キャラシそのものが物理的に分裂する可能性が非常に高くなります。
 クトゥルフのキャラシはB5版ですが、角を保護するという意味でもA4がおすすめ。


 あとダイマ甚だしいですが、キングジムさんの「コンパック」シリーズはあらゆるキャラシと相性がいいのでマジで使ったほうがいいよ!!!!
 オフセでキャラシを使い続ける予定があるなら、心から買って損はないです。
 キャラシに折り目はつかず、運ぶ時はA5サイズに折りたためるという優れもの。
 キングジム信者です!
 カラー展開も素敵。
 最近では「オレッタ」もいいよ!!
 驚きのA4三つ折りだよ!!


 三上は転記やら管理やらが面倒なので、オフセの時もスマホでキャラシートを作り、Webブラウザで見ながらセッションをしています。ノーシート派。
 しかしキャラシートってやっぱりあると便利だし、TRPGの味の一つでもあるので、初めてオフセするうちはキャラシを使った方が楽しいと思いますな。


プレイ・エイドのコピーもお忘れなく


 実はクトゥルフ神話TRPGの基本ルールブックには、「ここもコピって配ったほうがええやで」というページが存在します。
 それがP.362~363の「プレイ・エイド」。キャラシのちょっと後ろにあります。
 あると地味に便利なので、人数分あるときっと地味に快適です。



オフセの持ち物3:筆記用具


 TRPGで使う筆記用具は、消せるのが基本です。
 正しくいうと、消せるもの消せないものの使い分けが大事。

 例えばキャラシの名前欄や性別などはさすがに書き換えることはありませんが、成長チェックHPMP、クトゥルフならSAN値欄は頻繁に書き換えが発生します。

 鉛筆もいいですが、ダイスやルルブや菓子で有象無象としている卓上に消しカスを散らすのも何なので、最近はやりの消せるインクペンとかが相性いいかもしれません。
 お馴染みフリクション。
 こういうのは日常生活でも活用しますしね。


 三上は日常生活を8割フリクションでこなしているので、以下の多色モデルを使用しています。
 マインドマップにも便利。


替え芯もお忘れなく。



オフセの持ち物4:ルールブック……?


 そして問題のルールブック。

 なんでハテナがついているかというと、クトゥルフのルルブって死ぬほど重い
 持ち運びしづらいにも程がある。サイズも頑なにB5展開ですし。
DLPS6YlU8AAIoVo
 比較しやすいように間にキャンパスノートを挟んでいます。京極夏彦もびっくり。
(文章量で言えばどっこいどっこいな気もしますが)

 持ち運ぶために作られてねぇんだこれが!!

 時々基本ルルブKPコンパニオンマレモン2010または2015のコンボをフルで持参してくれる猛者心優しき人もいますが。
 マジでカバンがありえないほど重くなるので、他の参加者と相談して何を持ってくるか分担するのが一番です。

 3~4人卓であれば、基本ルルブが2冊あると心強い。
 その他のサプリは1冊ずつで大丈夫だと思います。


 念のためですが、これがクトゥルフ神話TRPGの基本ルールブック。鈍器その一。


 これがモンスター図鑑たるマレウス・モンストロルム。鈍器その二。


 キーパーコンパニオン
 同包されてるが割と便利ですが、盾を人質に取ったような価格でもあります。


 これが現代日本サプリメント2015。特徴表とか入っているのもこれです。
 現代日本探索者作るなら、PLの場合は2010よりは2015の方がおすすめかな。2010踏襲したデータもありますし。
 お前の価格に一番納得いってねぇんだ!! 堂々の四千円。


 そしておまけに出ましたコデックスくん。
 今度ゾンビ遊ばせてもらってきます。楽しみです。



オフセの持ち物5:食べ物・飲み物


 休憩や気分転換という意味でも、TRPGのオフセにおける食べ物・飲み物は割と有効です。
 オフセというと大体が半日かけてぶっ通しで喋り倒すのだから、喉や頭を休めるきっかけはあったほうがいいですよね。

 とりあえずオフセに適している食べ物・飲み物は以下のような感じ。
  • 個別包装されている。
  • 指がべたつかない、カスが散らばらない。
  • みんなで分け合える。
  • すぐに飲み込むことができる(飴は微妙)。
  • 飲み物はフタができるとgood。

 特に人のルルブを見せてもらう時は、零したり汚したりがままシャレにならんのでこれくらい気にしてもやり過ぎではないでしょう。

 パイは控えろ!!!! 散るから!!!!!!!!!



まとめ「自分がスムーズにプレイできる」は大きな貢献


 あくまで”個人が”オフセに持ってくる持ち物に注目した今回ですが、それには理由があります。

 TRPGは個人が集まって行われる遊びです。
 なので、個々人がスムーズにプレイできることが、そのまま遊びの場全体の快適さにつながるのです。

 ロール上手くいかなかったらどうしよう、重要な判定をミスしてしまったら……という不安ももちろんですが、こういった環境面を整えるだけでもかなり心強くなりますよ。
 あとプレイに集中しやすくなります。せっかくだから全力で遊びたいよね。


 あなたのTRPGライフの一助となりますように。