三上と申します。
書いても書いても終わらねぇ生活を送っています。
つまるところタスクの管理が下手くそなんだよなぁと自分を鼻で笑いましたが、笑ってる場合ではないです。

先日、CoCシナリオ「人殺しの家」の続編として公開した「被害者の庭」。
ネタ帳をペラペラしていたらちょうどプロットが出てきて、そういえば前作のときもブログに出したんだっけなぁと思い、せっかくなのでこちらもプロットを晒しておこうと思いました。

迷走が酷かった分、今見返すと枚数も多いし削った部分が多い。

※この先CoCシナリオ「被害者の庭」のネタバレを含みます※



~目次~







シナリオ全体のプロット

こちらがベースのプロット。
CCF20171127_0006

でっかいバッテンがかかっているのは、処分するために印をつけたあとでブログに上げりゃいーじゃんと気づいたためです。

基本的には真っ先に左上のオチ部分を描いています。
オチを固めてざっくりストーリーの流れを考えたあと、矛盾回収&伏線植えのために導入から詰めていく感じでしょうか。

ていうか情報量少ないから、多分別のノートにもメモしてるなこれ。
完全にどっか行きましたね。

手で漢字を書く時は略語ばっかり使ってます。
  • 警察→K察
  • 情報→info
  • 行動→行DO
みたいな。
たしか学生の時に、略語をうまく使えと言われて感心したのがきっかけだったと思います。
それが字の汚さに拍車をかけている気がせんでもないです。

1
今見ると探索場所がまったく違う。

2
何をやりたかったのかちょっと分かる

3
オチ部分はほぼ変化ないですが、テッドの目的だけちょっと変わってますね。



シナリオ導入のプロット


CCF20171127_0007
導入だけだと紙が余ったので、左半分はシナリオ背景を詰めなおしてますね。
色数も多いし結構時間をかけている雰囲気が。

導入をどうしてもドラマっぽく時間差にしたかったので、結構流れをきちんと詰めた形跡があります。

4
しかし字きったな

5
背景部分はかなり情報を削ってますね。
プロットから文字を起こすたびにもとから希薄なテッドの環状部分が削がれていく。

メアリー母の儀式は最初はマジモンにしようかと思っていたのですが、そこまで詰めてもグダりそうだしテンポが崩れるなと思って削りました。

6
EDUがひっっっっっくい







シナリオクライマックスのプロット

CCF20171127_0008
シンプル。

7
ここらへん何がしたかったのかもう全くわからない。

以上でした。
終わった後で見返すと、ほかにも使えそうなネタとかが出てきて意外と自分でも楽しいです。