四ヶ内(しがない)と申します。

 そういえばこの話、 したことを忘れたワケじゃないんですけど放置してました。

 未だにこの上司とは折り合い極悪状態です。でも最近付き合い方をなんとなく習得してきたのでメモしておきます。

 以下、人の話を聞かない上司との会話の仕方。

 

  •  「はい」しか言わない。
  •  質問されたらまず「えーっと」を挟む。
  オススメしないけどね。
 こんなこと続けてたら、いつか病むけどね。


  •  「はい」しか言わない。 
 まずはこれを貫きます。

 指示を受けても。
 叩かれても。
 長話が始まっても。


 「はい」だけ言います。 

 一番重要なのは指示を受けた時に「はい」しか言わない事だと思ってます。 

 指示を受けて、分からないことがあってもほぼ聞きません。
 勝手に想定して、処理します。

 作業に対して「はぁなにこれ?」と言われたらその時初めて、「○○って意味だと思ってました、すみません」と返します。
 それでやり直します。 うちの会社は小さいとこなので、手戻りも自分のとこでしか発生しませんし。 
 ルーティン外の作業ってあまり入ってこないので、そのルーティンの回し方さえ抑えてしまえば、その後の会話が最低限ですみます。 


  •  質問されたらまず「えーっと」を挟む。
 こういう手合は、まず「自分の話を聞いているか」を非常に気にしています。
 あと相手の話を聞く気があまりありません。なので意見を言おうとするのは大体無駄です。情報だけ渡すことに専念します。
 大事なのは、質問をされた時に「いや、それは…」で返さないことです。 
 そもそもが「いやそうじゃなくて」病だからね相手がね。エンドレスいやいやが始まって他人のやり取りですら聞いててげんなりし始めます。
 なのでまず、「~~ってどうなってる?」と聞かれたら「えーっと」と返します。「えっとですね」とかでも良いです。
 話したがりはここで「いやアレってじつはさぁ」とべらべら独り言を始めます。これは全部「はい」で片付けましょう。
 で、最後に「~~は~~です」と返事をして終わりです。 
 終わりです。絶対に会話を続けない。付き合うだけこっちの思考力の無駄です。 



 最近はこれのお陰で、仕事中四六時死んだ目をしてますが、口は開かなくて良くなりました。
 快適かどうかはさておき、私は今の方が安全で好きです。