四ヶ内(しがない)と申します。

Windows10をシャットダウンする際、右クリックを使っています。
これってもうデフォルトなんですか?
直感的な操作ができないということが自分にとっては非常にストレスなのだと理解しました。
3クリックでシャットダウンさせろ。



最近東京と田舎の違いに思いをはせることが増えました。
(理由はお察し)

自分は東京に住んでおりますし、友人も東京在住が一番多いです。
でも縛られてる感じしないな~という方も多いわけです。

会社勤めで、シフト制で、10連勤とかしてる方なんですけども。

なんでかしらってぼんやり考えてみたんです。
 


自分なりに考えた結論。

「消耗の仕方」が上手なのかなぁって思うんです。

自分が思うに、人生エンジョイの方向性ってどちらかに振れると思うのです。


「生産」することが楽しいか。
「消耗」することが楽しいか。


わたくし恥ずかしながら、ライブや舞台にちょいちょい通う身ですから、そういった友人も多いものでして。
そりゃまあ、すごい人がいるんですよね、観客側にね。

1枚6万円のチケット買っちゃう人とか。
常に最前列でライブ見てる人とか。
握手会を何週もぐるぐるする方とか(1周安くて3000円とかですな、このご時世)。

すごいんですよ。
お金バンバン使うんですよ。
「資産家なの?」ぐらい。
その人たちに足りないのは物理的時間だけじゃね?というくらい。

でもそれを上手にできる人って、実に楽しそうなんです。
「ごめん、最前列チケット売っちゃった☆」とか語尾にスタンプつけてウインクするくらい楽しそうなんです。
すごい。

この人たちって、とにかくお金を出しているだけですよね。
好きなものに。
好きな時間に。
好きな人に。

でもそれが楽しい。

「消耗」が楽しいんです。

だから都会にためらいがない。
楽な環境とか、お金がかからない状況よりも、自分の「消耗」に合った環境を選んだ結果自然にそうなるんです。

わたくし根っからのアウトプット人間ですので、人がやってるのを見たら自分でやりたくなります。
舞台見てたら、自分が芝居したくなるタイプですね。

だからそれがなく、純粋にバンバン消耗することを楽しめる人ってホントにすごいと思うんですよ。
自分の中に矛盾がないから。
「消耗」をエンジョイしてるから。



ほんますげぇ世界だなぁと思いながら、同じ会場の後ろの方で肩身せまめに合いの手打ってるのが四ヶ内です。
これはこれで、楽しいよ。