四ヶ内(しがない)と申します。

 そういえばこの間匿名で書いている理由を話したのですが、よく考えたら倒産しろとか社長死ねとか言ってる記事は組織に所属してる間は晒せないですね。 
 チキンハートです。すみません。


 わたしは人と会う時基本的に「気まずい」から始まります。
 人見知りなので。

 でもまあ気まずいってしんどいので、なんとかできないかと頑張ります。



 「気まずい」は、「好き」より「嫌い」より遥かにしんどいです。
 わたしには「気まずい」はきついです。
 めっちゃ緊張するし、体力の消耗がヤバイです。


「伺う」がコミュニケーションのベースになる

 これかなりしんどいです。

 例えば気まずい相手といる時、何気なくスマホをいじりながらの沈黙すら「伺う」の一つ。
 こっちはTwitterを見ながら、相手は何をしてるのかな……チラッチラッを繰り返すことになるわけです。

 しんどい。めっちゃしんどい。探偵かよ(浮気調査系の)。

 ヘタしたら「ヤバイ会話持たないwwwwwwwwwwwww」とかTwitterで呟くはめになります(わたしの最もラフなアカウントは鍵なので検索しても出てきません)。
 そこで親しい友達とリプが始まっても続けられないわけです、相手を伺い続ける必要があるので。

 「伺う」は相手主軸の行動です。
 相手主軸は手綱のない乗馬のようなもの。

 しんどいっす。普通に体力使います。
 (精神力という概念がよく分からないのですが、神経をすり減らすと疲れるという時点で精神力=体力だと思っています)

 さすがにこんなしんどい状態は体力が続かないので、状況の打開を試みるわけです。



「気まずい」の解消 - 仲良くなる編 - 

 相手との相性の良さを見ればいいんじゃないでしょうか。
 「仲が良い」の定義を自分なりに知っておいて、それが共有できる相手か判断すれば良いのです。

 私の場合の「仲が良い」定義は「お互い黙ってスマホいじってても気にならない」です。
 それができる相手には、最終的にべったべたに懐きます。経験論です。

 これが判断できるようになるには、何回か逢瀬を重ねる必要があります。
 でも何回も会えてる時点で、「気まずい」ってある種解消できてますよね。矛盾だなこれ。



「気まずい」の解消 - 縁を切る編 - 

 諦めてミュートするか、ブロックしましょう。

 普通にTwitterベースの話になってしまいました。
 最近はSNS伝いで出会う初見の方が多く、会話ができる人、話しててしんどい人に初対面の時点でかなり敏感になりました。

 わたしはチキンハートなのでブロックがめちゃくちゃ怖いです。

 話しててしんどいけど良い人は、そのままの仲の良さを持続します。
 (Noミュート、Noブロック)

 話しててしんどいしなんか違う人は、そっと視界の外に置きます。
 (Onミュート、Noブロック)

 今後も顔を見る可能性のある方は……可能な限りブロックしない方が良いという持論があります。
 だって顔を見る可能性があるんだもん。
 これはもしかしたら追っかけをしてる人独特の世界観かもしれませんが。
 現場がね。あるからね。


 本当に、合わない人は、そっ……とブロックしましょう。
 できればブロック→ブロック解除がオススメです。
 うっかりフォロー外したと思わせておいて、「フォロー外れてるよ?」と飛んできたら、しばらく沈黙をキープして何事もなかった風を装うのがオススメです。
 あくまでもわたしの話ですが。


 というか、気まずくなりそうな人とは最初から繋がらない方が良いというのがオススメです。
 話題を根本的にひっくり返しましたねこれ。

 こういう勘所はSNSに長く浸って、相手の振る舞いをなんとなくアイコンやヘッダーから察せる程度にならないと難しいかもしれないけれど。

 鍵垢からブロックするって特に大きいので、ここばかりは多分慎重の方がいいです。
 現場がある人はね。会うからね。








 仕事とかで会うお客様との気まずいが解消できない時は、諦めてください。